スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴォーロ・コズィ (千石) に行ってきました。 その②

その①

◎ パーネ

DSC08862.jpg

満腹になりそうだったので 少し食べただけですが
こちらは 特に可もなく不可もなく。

● フォアグラのテリーヌとブリオッシュ 玉葱のジャム

DSC08864.jpg

テリーヌというより 冷製コンフィのような印象。
玉葱は 蜂蜜入りでしょうか? そのような風味を感じました。

● ビーゴリ・イン・サルサ

DSC08865.jpg

全粒粉のビーゴリ 玉葱とアンチョビのソース
粉を噛みしめる感覚と モッチリとした弾力感の両方を愉しむことの出来るビーゴリの醍醐味満載の仕上がり。

○ 二色のラザニア

DSC08866.jpg

一口頂きましたが こちらも しっかりとした王道の味わい。

● タレッジョチーズのラビオリ 白トリュフをかけて (+2000円)

DSC08868.jpg

薄く 噛むとプチリと切れ もたつくこと無く スルリと喉を抜けて行くラビオリ。
最も 好みとする ラビオリ生地のニュアンスでした。

DSC08869.jpg

今年初の白トリュフ。 至福でした!

● 鴨のロースト

DSC08872.jpg

ここまでの流れが 非常に良かったので 若干 セコンドは平凡という印象を受けましたが 十二分に美味しい鴨。

○ 鹿のグリル

DSC08874.jpg

火の しっかり入った鹿のグリル。
私的に 鹿は あまり火の入っていないもののほうが好みなので こちらは もう一歩に感じられました。

● ドルチェの盛り合わせ

DSC08875.jpg

セミフレッド、パッションフルーツのソルベ、砂のケーキとグラッパのソルベ、パンナコッタ
ドルチェは ごく普通。

○ 三種類のドルチェ盛り合わせ

DSC08876.jpg

お腹いっぱいで 頂いておりません……

◎ カモミールティーと小菓子三種

DSC08879.jpg

とにかく 弩涛の前菜攻めのインパクトがあり過ぎて その後の印象が薄く感じられもしますが
パスタの質も 素晴らしいもので セコンドが良ければ 私的には ほぼ完璧なランチになっていたことでしょう?
(迷わず ★4.5にしたと思います。)

ただ 再訪した場合を想像すると……

毎回 新しい出会いを求めたくなるのが心情
そして その新しい出会いを求める矛先は 前菜ではなくプリモやセコンドだと思います。
幾ら素晴らしい前菜とて 決して それだけを愉しむためだけに 再訪しようという気にはなりません。

なので 7000円の決められたコースは 二度目に頂こうという気に いまいちなれませんし
3800円のコースで 選べるプリモやセコンドも 今回 頂いたクオリティであるならば
初回訪問時の感動を維持するには 少々 魅力に欠ける気もします。
10000円のコースを頂くのならば その点は解決されるのでは?と期待しますが (私の場合) 流石に相当な気合いが必要……
そう考えてしまうと とても好いランチだったのですが 次回訪問には 時間を要する店かもしれないな?と思いました。

スポンサーサイト

ヴォーロ・コズィ (千石) に行ってきました。 その①

シェフと こちらの店のことは 調理本や専門雑誌で よく拝見しており 是非とも伺ってみたかった店。
千石という 馴染みのない場所だったので なんとなく行く機会を得られずにいましたが 今回 思いきって伺ってみることに。

店は 駅から5分足らず はじめて降りた駅ですが分かり易い場所にあり
すんなり到着することが出来ました。
元フレンチレストランだったという 店は 外観も店内も素敵な雰囲気です。


座席は 25人程度は入るでしょうか?
この日のランチは 人数調整しているのか? 若干 余裕の感じられる入れ方で20人程度でした。


お料理は 3800円、7000円、おまかせの10000円
前菜の量が かなり多いと聞いていましたので
妻は 迷わず3800円のコース
私は 本で拝見していた ビーゴリ・イン・サルサと白トリュフかけのラビオリ(+2000円)を頂きたく 7000円のコースを選びました。

出された料理は 以下のとおり
●私のメニュー、○妻のメニュー、◎共通のメニュー

◎ グリッシーニ

DSC08847.jpg

かなり軽くチーズの風味の強いグリッシーニ。

◎ パルミジャーノチップス

DSC08849.jpg

パリッと焼き固めたパルミジャーノチーズ。


◎ アミューズ盛り合わせ

DSC08850.jpg

丸い一口ピザ、自家製サラミ、茄子のグリル、イタリア米のサラダ仕立て、クッキーの様な品。
後に出される前菜盛り合わせ程は 手の込んではいませんが 気分は盛り上がります。

DSC08851.jpg

◎ ヴェネツィア風フォカッチャ

DSC08852.jpg

コンガリした触感にオリーブオイルが効いた 一辺2cmくらいの ごくごく小さなフォカッチャ。


◎ 野菜のマリネ

DSC08853.jpg

触感良く 酸味の立っていない食べ易い野菜。

DSC08855.jpg

添えてあるものは 失念。 タイムの効いたツナみたいな品でした。

DSC08854.jpg

◎ 赤いんげん豆のスープ

DSC08856.jpg

トロリとしたスープ。 赤いんげん豆を そのまま飲んでいるかのような風味の濃さ。


◎ ポルチーニ茸とチーズのスフレ

DSC08858.jpg

スフレと言われましたが イメージはグラタン風。

◎ 生ポルチーニとグラダパダーノのサラダ仕立て

DSC08859.jpg

生マッシュルームサラダの茸がポルチーニに変わった贅沢な生茸のサラダ。

◎ ヴェネツィア風前菜の盛り合わせ
帆立の香草風味、焼き白ポレンタ 鰻とツナ(かな?)乗せ
多分 海老のすり身入りフィリッタータ 茄子のタルタル乗せの上にカラスミ(妻の方はカラスミ無し)
茄子とズッキーニのマリネ、魚介のサラミの上に ホウボウのカルパッチョを挟んだトマト、蟹のマリネ
蛸のサラミ、カポナータ、エスカベッシュ、ズッキーニのグリルに何が乗っていたか失念…上にパルミジャーノチップス

DSC08860.jpg

黄色いマッシュされた何か…の上にキャビア(妻のは上にカラスミ)

DSC08861.jpg

※ メモを取っていた訳でもないので(…というか 説明は右から左でした……) 不正確な情報です……

小さく あまりに沢山の前菜ですが 丁寧に調理されており いずれの品も かなり美味しい。
また 味付けに関しては 本場の味に比べると 日本的になのか? 全体的に抑え気味に感じられますが
食材の風味が活きており 私的には好ましかったです。



→ その②へ続く


Pagination

Utility

プロフィール

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。