スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストラン サン・パウ RESTAURNT SANT PAU ( 日本橋 ) に行ってきました。 その③

食後の お飲み物と小菓子は 気分を変えて バーで如何ですか?ということで移動。

DSC03464.jpg

10種類のプティフール……のイラスト

DSC03472.jpg

ピルレタ

DSC03465.jpg

手前から
ベイリーズのボラッチョケーキ、バナナのミニアイス、カレーのクランチチョコ、レーズンバターサンド、バジルのマカロン、フィナンシェ
グラスの器手前にカボチャのパイ、奥に天草とシドラルのスティック

カレー味のように香辛料の効いたもの。 温度や触感に変化の富んだもの……
…と 小菓子に関しても 一貫して サンパウ的な味なんだと コースを頂いた流れで感じることが出来 面白いと思います。

DSC03467.jpg

ハーブティ

DSC03470.jpg

チョコレートトリュフ

DSC03471.jpg

……そして お土産
マヨルカ島の塩フロル・デ・ソルとマカロンを一人1つづつ頂きました。
我が家でもフロル・デ・ロルの塩を使っていますが かなり値の張る品(この小さい缶でも5缶セット6000円近くするんです… なので2缶で2500円くらい…)なので 有り難い…というか こんなものを頂いてしまって良いの?という感じ……

DSC03474.jpg

更に 受付で待っていた間 置いてあった『サンパウの20年(20年間のサンパウの道程と共に20のレシピが紹介されています。)』という本が気になっており
『どこで買えますか?』と尋ねたところ 非売品ですが お譲り出来るものがあります……と袋に入れて持って来て下さいました。
こんな有り難い お土産は 前代未聞です…… 本当に有り難うございました。

とても愉しいランチでした。
また来ます。
スポンサーサイト

レストラン サン・パウ RESTAURNT SANT PAU ( 日本橋 ) に行ってきました。 その②

私の魚料理
キンキ エスクデーリャ、野菜のフィデウア

DSC03441.jpg

キンキの火入れは 他の魚介類同様 かなりレアでプリッとした弾力感があります。
肝等の付け合わせと共に 優しく上品な味付けのスープで頂く感じ。

DSC03442.jpg

妻の魚料理
鯛 じゃが芋の上にトマト、ブラックオリーブ等
優しいニュアンスのキンキに対して こちらのほうは ブレが無く味も引き締められており かなり方向性の違う料理。(甲乙は漬け難い。)
火入れに関しても 他の魚介料理と違いジャスト。 フワッとした触感に仕上がっています。
じゃが芋、トマト、オリーブの組み合わせが絶妙。

DSC03443.jpg

私の米料理
ヤリイカと車海老のお米料理 パセリとガーリックのマヨネーズソース
かなり海老はじめ魚介の出汁が効いた美味しいリゾット。

DSC03445.jpg

私の肉料理
蝦夷鹿 大根のラビオリとベリー
これは 久々に美味しい鹿……火入れ具合が絶妙です。
赤ワイン系のソースもドッシリしており 鹿とは 当然、好相性。

DSC03448.jpg

ラビオリを割ってみた中
大根のラビオリとなっていましたが 根菜ミックスのラビオリですね。
とても綺麗な付け合わせで味も良いのですが 食材の組み合わせの妙に関しては 掴めませんでした。

DSC03452.jpg

妻の肉料理
イベリコ豚のロースト
レアに火入れされた とても柔らかく火を入れられた豚のロースト。
付け合わせの詳細は不明ですが 南瓜のゼラでマスカルポーネを巻いたものですかね? ちょこっと抓ませてもらっただけなのでハッキリとは判りませんでしたが 豚以上に美味しかったです。

DSC03450.jpg

5種類のチーズとそのコントラスト……のイラスト

DSC03453.jpg

その名のとおり それぞれのチーズに適した付け合わせが用意され 一緒の皿に盛られてきます。
こちらの店の定番の皿ですが どの付け合わせも好相性で 今迄にないフロマージュの愉しさを引き出してくれています。
これは食べてみる価値ありでしょう?

DSC03454.jpg

左から
ビュッシュ・ドゥ・ピュッシニー(山羊)とピキージョのアイスクリームの組み合わせ
ぺライユ(羊)とザクロとパースニップとの組み合わせ
パヨヨ(山羊)とピスタチオのマジパンとの組み合わせ
パルミジャーノ・レッジャーノ(牛)とホオズキのボンボンとの組み合わせ
シュロップシャーブルー(牛)とアプリコットとイチジクとの組み合わせ

DSC03457.jpg

リフレッシュアイスクリーム

DSC03458.jpg

特に強い味のするものではなく アッサリとした口直しのようなもの。

DSC03459.jpg

トシーノ デ シエロ:フランボワーズ、パイナップル
伝統的なデザートだそうです。
非常に甘く 後を引くのですが それが心地良い感じ。

DSC03461.jpg

私の2つ目のデザート
レチェ フリッタ:シナモン、リンゴ
インパクトの強い1つ目のデザートの後には 少々、蛇足感あり。 でも綺麗なデザートは食後の愉しみです。

DSC03462.jpg

Pagination

Utility

プロフィール

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。