スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NBS ( 日本舞台芸術振興会 ) ウィンナーフェスト 2012 の……

NBS ( 日本舞台芸術振興会 ) ウィンナーフェスト 2012 の情報がチラホラ出てきたみたいです。

2102年5月
ウィーン・フォルクスオーパー 来日

●こうもり
ヨハン・シュトラウス2世
指揮:アルフレード・エシュヴェ、エンリコ・ドヴィコ
演出:ハインツ・ツェドニク

●ウィンザーの陽気な女房たち
オットー・ニコライ
指揮:サッシャ・ゲッツェル
演出:アルフレート・キルヒナー

●メリー・ウィドウ
フランツ・レハール
指揮:エンリコ・ドヴィコ、アルフレート・エシュヴェ
演出:マルコ・アルトゥーロ・マレッリ

2012年10月~11月
ウィーン国立歌劇場 来日

●サロメ
リヒャルト・シュトラウス
指揮:フランツ・ウェルザー=メスト
演出:ボレスラフ・バルロク

●スペードの女王
ピョートル・チャイコフスキー
指揮:小澤征爾
演出:ヴェラ・スミロヴァ

●アンナ・ボレーナ
ガエターノ・ドニゼッティ
指揮:エヴェリーノ・ピド
演出エリック・ジェノヴェーゼ
アンナ・ボレーナ:エディタ・グルベローヴァ

フォルクスオーパーのほうは とりあえず ウインザー~は観てみたい。
こうもりと メリー・ウィドウは キャスト次第ですが
どこまでいっても 天井桟敷から チラッと観に行く程度になるでしょう。

シュターツオーパーのほうは
メスト指揮は嬉しいけど サロメかぁ………
同じシュトラウスでも 他の演目が聴きたかったですね……

小澤のスペードは やはりキャスト次第かな?

一番、楽しみなのは やはりアンナ・ボレーナ。
グルベローヴァのHPで やるのは知っていましたけど 指揮が旦那さんではなく ピドというのは嬉しい誤算。
演奏会形式であっても これは絶対に聴きに行きます。

さて

明日は 新国立とNHKホール掛け持ち……
昼から夜まで オペラにドップリです。

明日含め メトロポリタンは 5日程通う予定ですし 新国立のほうも もう一演目あるし……
コンサート前後に食事の予定等もあったりしますので ブログの更新は ちょっと途絶え気味になるやもしれません……



スポンサーサイト

新国立劇場 ばらの騎士 中止、キャスト変更のアナウンス

10月7日 初日のみ中止で 後は実施ということですが
キャストには 大幅な変更あり

指揮:クリスティアン・アルミンク→マンフレッド・マイヤーホーファー
元帥夫人:カミッラ・二ールント→アンナ=カタリーナ・ベーンケ
オクタヴィアン:ダニエラ・シンドラム→井坂 惠
ファーニナル:ペーター・エーデルマン→小林由樹
ゾフィー:アニヤ=ニーナ・バーマン→安井陽子

オックス男爵役のハヴラタのみ 変更無しで来日を予定。

また 来場が困難な方のみ 13日以降のチケット払い戻しを受け付けるそうです。

現状、都内の交通網は ほぼ復旧しているし 東京及び近郊在住の方は 払い戻し不可というのが 真っ当な解釈ではあると思いますが
払い戻し手続き書には 詳しい事情説明書きは無いので 事実上 『様々な私情含めて』キャンセルは自由ということなんでしょう。


私自身は 13日以降のチケットを持っていますが 行くかどうかは未定……


というか
原発問題は まだまだ長引くだろうし
新国立では 今後も 大々的なキャスト変更が続くでしょうね……
コジ・ファン・トゥッテと蝶々夫人も取っているだけに 物凄く不安……

Pagination

Utility

プロフィール

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。