スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六雁 ( 有楽町、銀座 ) に行ってきました。 その②

六雁 ( 有楽町、銀座 ) に行ってきました。 その②。

六雁→→http://mutsukari.com/index.html

こちらが妻の頼んだ 六雁 野菜コースになります。
一部、僕が頼んだ 極コースと同じ皿は こちらにアップしていません。
興味ある方は 僕のほうのコースを参照下さい。
http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-184.html


前菜
胡麻豆腐 花穂

DSC00037.jpg

季節野菜の煮こごり
これは 僕の方のコースと同じもの。


煮物椀
蕪 白味噌仕立て 煎り米の香り
汁は一緒ですが 具は別のもの。 これは頂いていませんが 美味しかったそうです。

DSC00039.jpg

野菜の万華鏡
とても面白い造形の一品。

DSC00042.jpg

Selection ( 肉料理または魚料理 )
宍道湖産 天然鰻の炭火焼
こちらも 僕のほうのコースと同じもの。


野菜の富貴寄せ
10数種類の野菜を使った富貴寄せ。 この時期らしい一品。

DSC00050.jpg

海老芋揚げ 柿と紅玉 菊菜の白和え

DSC00051.jpg

お食事
人参葉ご飯 赤出汁 香の物

DSC00055.jpg

デザート
昆布アイス
食べてみるまで ちょっと想像つかない組み合わせでしたが 口にしてみると なるほど~という感じ。
面白い味ですが 違和感はありません。 妻は気にいっていたようです。

DSC00057.jpg

胡桃ゆべし

DSC00059.jpg

柚子味噌マカロン
マカロンの持ち帰りは予約制と知らず 買って帰れないことが分かり 妻のコースにも含まれておらず残念がっていたら
妻の分を 持ってきてくれました。
取り皿を用意して頂いたり 色々なところで気を使って頂き とても有り難かったです。

DSC00060.jpg


食べる前までは 造形の面白さから奇抜な料理を想像していましたが
実際に食べてみると 確かにユニークな品や斬新な品もあるにはあるものの 基本的には 正統派な味で想像とは別物でした。

この造形の前衛性と味の正当性のバランスは 非常に面白かったし 好ましかったのですが
反面 造形の前衛性が 装飾性として面白いものである以上に活きていないように思えたりも……?

最近、ガニエールで食べ 衝撃を受けたばかり…というせいもあると思うのですが……
http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-174.html
やはり 味の側から テーマとかコンセプトとかメッセージを明確に打ち出して それに付随する形で 造形が創り上げられる(あるいは 逆でも良いが…)
といった方向性の料理に比べると 料理そのものとは離れたところで 造形が存在している(ような気がする)料理であると
ことアート性という点においては 弱さを感じなくもない……といったところでしょうか?

料理の味にしても 器等もセンスしても 粋で面白さに事欠かない演出にしても とにかく圧倒され続けであったのですが そのことだけ(下で書きますが あと量……)が 気になったところでした……


付け加え

脇役の存在しない 全ての皿が主役とも言えるコースで 味覚的な満足度は非常に高いものの
食事の量が ちょっと少なく いわゆる満腹度が 低かったように思いました。
(多分、大方の男性は足りない筈、女性でも ちょっと食べる方なら 足りないんじゃないかな?)
基本的に 〆の ご飯が しっかり盛られていれば それだけで 十分 満足になると思うのですが
美的に あまり盛りつけたくないというのもあるだろうし
もう少し 皿の枚数を増やして貰えれば…というのもありますが それはコストの問題とかもあるし……
…と まぁ 難しいことがあるのかもしれないのですけど……
腹を満たさせるっていうのは 最低限 必要だと思うんですよね……
これだけの店で食べた後に ツマミ目的で 適当な店に立ち寄ったりは あまりしたくないですし どうにかして欲しいところかもしれません……



MUTSUKARI 1st stage PRESENTATIONMUTSUKARI 1st stage PRESENTATION
(2009/09/10)
六雁

商品詳細を見る


六雁で出している写真集。
つい買ってしまいました……
見ていると 次回 予約時にリクエスト出来るなら頼んでみたい料理が 結構 あり面白かったです。
鼻血アイスとか エロい系の皿とか 是非、実物を見てみたい(笑)
※内容は、写真集であり レシピ集ではありませんので注意。


六雁 ( 有楽町、銀座 ) に行ってきました。 その①

コンサートの後、銀座にある六雁にて 食事を頂きました。
http://mutsukari.com/index.html

カテゴリーは スーパー割烹?創作懐石?フュージョン?なんと呼んだらよいのか解りませんが 独創的な雰囲気のある料理が出される お店です。
僕は、『極』コースという いわゆるシェフのおすすめコースを 妻は、六雁の野菜コースというを選びました。
今回も 品数が多いので 僕と妻のコースを分けてアップしたいと思います。

妻のほうのコースは コチラ
http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-185.html


季節野菜の煮こごり
とても綺麗なモザイク仕立てのジュレ。
ソースも美味しく面白い一品ですが 割と味の印象は薄め。

DSC00036.jpg


炙り甘鯛 白味噌仕立て 煎り米の香り
これは とても濃密且つ深い味わいで とても美味しかったです。
写真では見えませんが 中の甘鯛も 弾けんばかりの身の張り具合で 物凄く美味しかったです。
寒くなってきたので こんな椀モノが家でも作れたら最高なんですけどね……

DSC00038.jpg


鮃、あおり烏賊、煮蛤
凄い旨味のある煮蛤に 甘みの強い烏賊、質の良い身の締った鮃と とても美味しい造。

DSC00040.jpg

焼き物の前に…と出して頂いた 御浸し。
つい飲みたくなり お酒を注文。

DSC00043.jpg

銘柄は失念。
なかなか かわいいカラフェ。

DSC00044.jpg

御猪口も……

DSC00045.jpg


宍道湖産 天然鰻の炭火焼
凄く肉厚で張りがありつつも ふんわりとした身に パリパリの皮と これは滅茶苦茶 美味い鰻でした。

DSC00047.jpg


六雁スペシャリテ 山海佳肴盛り
○鍋 焼胡麻豆腐 焼葱 巻湯葉 蝦夷鮑
ムッチリしたスッポンに 柔らかく味がシッカリ染み込んだ鮑は 勿論、湯葉も胡麻豆腐も非常に美味しく、また それぞれの相性も良く とても充実した一品。

DSC00048.jpg


常陸牛 ザブトンの炭火焼
海老芋のから揚げ
これは 今迄 食べたことのあるザブトンの中で最高の味でした。
とても凄く好きな部位で たまに家で焼いて食べたりもするのですが これは別物でした……
付け合わせの海老芋とリドヴォー(子牛がミルクを飲む時に使う内蔵の一部。成長して草を食べるようになると次第に退化していくため 子牛のみから取れる希少部位。)も とても美味しかったです。

DSC00052.jpg


鯛ご飯 赤出汁 香の物
こちらの椀モノも実に美味しい。
ご飯も 香の物も とても よく出来ていて大満足。

DSC00053.jpg


和三盆アイス
和三盆の甘みが とても印象的なアイス。 

DSC00056.jpg

柚子味噌マカロン 鳴門金時きんとん 求肥餅
柚子の香りがする和なマカロン。和菓子とも洋菓子とも言えるような面白い味。
きんとんも 甘みが きつ過ぎず 僕には とても有り難い味。
求肥餅は なにものか よく分からなかったのですが 食感が面白く味も なかなかでした。

DSC00058.jpg

さて
妻のコースへ続きます。

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-185.html

Pagination

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。