スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランファミーユ・シェ松尾 コルティ店 ( 成城学園前 ) に行ってきました。 再訪 今度はディナー

本日は、ファミリーで再訪。
前回は、ランチで いわゆる格安ランチプレートを頂きました。
http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-104.html

今回は、ディナーなので コースのみ
僕は、季節のコースというものを取りました。
多少、選択肢はありましたが オマール海老とかフォアグラを加えてしまうと 季節のコースである意味も無い感じだし
結構、プラスしなきゃいけない感じだったので 基本のコースを頼むことに……

※余談ですが カメラにアクシデントがあり 現在、修理中(多分、明後日あたりに戻ってくる)なので
古いカメラにて撮影…… 結構、(僕の手元に限り)暗かったため また映りが良くないです……

先付け
キタアカリ(北海道産ジャガイモ)のフラン 手長海老とそのエッセンス、ゴーフレットを添えて

P1010782.jpg

フランも まずまず美味しくは出来ていて 海老も身が弾けるような火入れ加減 基本的には美味しいのですが ”強く”平凡と感じさせる味。

冷前菜
フランスロト産鴨のフォアグラと秋の果実のデリス ペパーミントとレグランディーユ”バラ”の香り

P1010785.jpg

基本的に ここの店(様々な客層を相手にする 駅ビルレストラン)におけるスタイルなのでしょう?
上等で品は良いし 美味しいには美味しいのですけど 万人ウケ路線を逸れる気も無いため 料理や食材の持ち味すら活かすことを躊躇っている感じがします。
面白そうな料理なのに 口に入れると とっても平凡。 美味しいけど面白みがない……

パン

P1010787.jpg

パンは、二種類 バターとリエットが付きました。
味は、普通。


温前菜

昔ながらのオニオングラタンスープ 小さなフォアグラのソテーを添えて

P1010789.jpg

しっかり美味しい 確かに昔ながらのオニオングラタンスープ。
かなりドッシリした味で美味しいのですが フォアグラに行きついた頃には 舌が麻痺気味……
濃厚さに欠けたフォアグラが 麻痺した舌の上で 主張無く乗っている感じで なんだか とっても寂しい……
このフォアグラ、前回、ハンバーグの上に乗っていたものと同様の品を同様に調理した感じなのですが ここで使うのは失敗だろう……と思いました……

魚料理

能登半島 金目鯛のポワレ 秋の味覚と共に サフランのヴァンプランソース

P1010791.jpg

野菜は、相変わらず美味しいのですが ちょっとワンパターン過ぎなイメージが拭えません。
魚は 味付けにおいて なかなか良いと思うのですが 火入れに関しては一寸入り過ぎかな?と?
まぁ この火入れに関しても 万人ウケを目的とするならば 納得というものなのですが……

季節のグラニテ

P1010794.jpg

肉料理

ラカン産 仔鳩のロースト グランプヌールソース
ポルチーニ茸のデュクセルを詰めた骨月桃肉のパイ包み

P1010797.jpg

今回のコース中では 最も 主張のある料理だったと思いますが どこまでいっても無難な仕上がり。
ローストは こんなものかと思いますが パイ包みは 流石に もっと濃密な味に仕上げてくれないと期待に叶わないでしょう……

本日のアイスとプチデザート盛り合わせ

P1010799.jpg

これは失敗…… マカロンも いまいちで期待外れ…
普通のケーキにしておけば良かったです…… ここのケーキは 普通に美味しいんだし……

国産無農薬 折田園の紅茶

P1010798.jpg

特に どうということはなく感じられました……


僕以外の家族が頼んだ料理も 軽く紹介。

フォアグラのパルフェ 根セロリのムース ゆずのヴルーテと共に
自家製ノルウェー産スモークサーモンとサワークリームのジュレ 竹炭コーンと共に
”カキ”のミキュイ 海塩とフランボワーズのジュレ 人参のピュレと共に
キタアカリ(北海道産ジャガイモ)のフラン 手長海老とそのエッセンス、ゴーフレットを添えて

P1010784.jpg

食べてないため 分からないのですが
カキは まずまずなのに 上に乗ったジュレが甘すぎだったとか…
ゆずのヴルーテが 美味しかったとか…… そんな感想でした。


天王寺かぶらのクリームスープ カプチーノ仕立て

P1010790.jpg

なんか いまいちだったっぽい……

築地から届いた鮮魚のポワレ 秋の味覚と共にサフランのヴァンブランソース

P1010793.jpg

P1010792.jpg

僕のは 金目鯛でしたが ムツと なんとか鯛(失念)と 品切れから三者三様になっていました。

国産牛ほほ肉 たっぷりの赤ワインで煮込み 季節の付け合わせを添えて

P1010795.jpg


前回 妻が取ったのを食べましたが 平凡だった印象。 今回は、頂かなかったため不明。

本日のアイス

P1010800.jpg

オリジナルブレンド


食後の雑感ですが
やはり 万人ウケを目指したレストランという印象は拭えません。
『成城という土地柄の客を相手にした ちょっと(いや だいぶか?) 上を狙ったファミレス』という感じですかね?

実際、
ランチでは そういったスタイルであることが とても良い形で出せていると思うのですが
流石に コースのみの夜にまで そのスタイルの料理が出されてしまうと かなり微妙です。
おそらく 客層も 昼と夜で (遠方からの客が多きとも思えず)あまり変わらないであろうし 味の方向性は 本来、これで良いのかもしれませんが
僕の頼んだコースで 約9000円、一番安価なメインが魚のみのコースで約5000円 肉魚で約7000円という価格ですから
お得感のあるランチ(パスタランチ1280円~、カレーランチ1680円~、ハンバーグランチ1890円~)と比して かなりの割高感があります……

今後 同じ 成城でフレンチのディナーコースを頂くならば アシエットのほうに足が向くだろうし
http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-123.html
昼にフレンチのランチコースというのならば (4200円、6300円) デギスタシオンのほうに足が向くように思えます……。
http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-101.html

実際、そうそう成城で ランチにしても ディナーにしてもコース料理を食べる機会はありませんから
ランチプレート利用やケーキの持ち帰り利用で活用出来る 成城で『最も使える外食店』という位置付けではあり続けるような気はしますが
ディナーで このような感想しか持てなかったのは (”急のディナーで使える近場の店”を期待していただけに)ちょっと残念だったかもしれません?

スポンサーサイト

オペラ関連カレンダー

NHKで放送されるオペラ(他)で 気になるものが幾つか上げときます。
主に、今回から 新シリーズが放送開始になります。
(とはいっても あくまでNHK放送分の新シリーズで ライブビューイングで放映されたのは 2009年度です……)

11月20日(土) BShi アイーダ演奏会形式 10:00
11月23日(火) BShi 華麗なるメトロポリタン トスカ 12:00
11月24日(水) BShi 華麗なるメトロポリタン アイーダ  12:00
11月25日(木) BShi 華麗なるメトロポリタン トゥーランドット 12:00
11月26日(金) BShi 華麗なるメトロポリタン ホフマン物語 12:00
11月27日(土) BShi アーノンクール ロ短調ミサ(先日、観に行ったもの) 12:00

2009年度ライブビューイングでは 他に ばら、カルメン、シモン、ハムレット、アルミーダが放映されています。
カルメンは、DVD化されていますが 8000円くらい?しますので 早々に放送されるのであれば非常に有り難いです。
買わなくて良かった……という感じ(笑)
正直、今回の4作品は あんまり期待していないのですが(話題の新星ネルソンスの指揮するトゥーランドットには 興味あるが…) 後半 ばら、ハムレット、アルミーダに期待。
ばらは、フレンミング、グレアム、シェーファーというキャストが どんなものかに関心大
ハムレットは、この手の役柄が得意なデセイ、そしてキーンリーサイドに注目。
でも 一番、楽しみなのは やはり ロッシーニのアルミーダ。 現状、映像で観られるものがない作品なので かなり有り難いです。
あと、ドミンゴ主演でバリトンを歌う(本来、ドミンゴはテノール、デビューはバリトンだけど…)評判の あまり良いとは言えなかったシモンも 興味本位レベルですが ちょっと気になりはしますね……


来年のコンサート予定ですが……
もう最近は、体たらく&財布の紐が固い状態で(というか食事のほうに流れてる?) 殆どベタな大型コンサートくらいしか観に行きません……
なので 絶対に行くと断言出来るのは以下のとおり。 一時に比べると 年間コンサート鑑賞回数が半分以下に減りました……
とりあえず 最近は 早買いしているので 既に 6月のメトロポリタン(含めて)までの (ほぼ全ての)コンサートチケットが手元にあります。

1月 新国立劇場 トリスタンとイゾルデ http://www.nntt.jac.go.jp/
2月 マリインスキー・オペラ 影のない女 http://www.japanarts.co.jp/html/2011/opera/mariinsky/
2月 マリインスキー・オペラ トロイアの人々
2月 マリインスキー・オペラ ワーグナーの夕べ
2月 マリインスキー・オペラ トゥーランドット
2月 新国立劇場 椿姫
2月 東京二期会 サロメ http://www.nikikai.net/
3月 フィレンツェ歌劇場 運命の力 http://firenze2011.jp/
3月 小澤音楽塾 フィガロの結婚 http://www.ongaku-juku.com/
3月 新国立劇場 マノン・レスコー
3月 ヒラリー・ハーン(&リシッツァ) リサイタル
4月 東京・春・音楽祭 ローエングリン http://www.tokyo-harusai.com/program/page_650.html
4月 新国立劇場 ばらの騎士
6月 新国立劇場 コジ・ファン・トゥッテ
6月 新国立劇場 蝶々夫人
6月 メトロポリタン歌劇場 ボエーム http://www.japanarts.co.jp/MET2011/
6月 メトロポリタン歌劇場 ドン・カルロ
6月 メトロポリタン歌劇場 ランメルモールのルチア
7月 新日本フィルハーモニー交響楽団 トリスタンとイゾルデ http://www.njp.or.jp/njp/index.html
9月 ボローニャ歌劇場 カルメン http://www.bologna.jp/
9月 ボローニャ歌劇場 清教徒
9月 ボローニャ歌劇場 エルナーニ
9月 バイエルン歌劇場 ロベルト・デヴリュ http://www.nbs.or.jp/stages/opera2011/bayern.html
9月 バイエルン歌劇場 ローエングリン 
10月 バイエルン歌劇場 ナクソス島のアリアドネ

なんのかんので一つや二つは増えると思いますが 現状 こんな予定。

大型の引っ越し公演は スター歌手も多く出るし 当然、楽しみなんですけど 新国立でもトリスタン、コジあたりは それなりに期待していたりするし
特に トリスタンは 新日本フィルとの聴き比べも出来るし 結構、楽しみです。

聴き比べと言えば 下に書いていますが 2011/2012の新国立で行われるローエングリンも含め バイエルン、東京・春・音楽祭の三者聴き比べも楽しみです。
特に ローエングリン役が 新国立=来年バイロイトでローエングリンを歌うフォークト、バイエルン=今年バイロイトでローエングリンを歌ったカウフマン、春音楽祭=勿論、バイロイトでローエングリンを歌ったことのあるロバート・ディーン・スミスですから 聴き比べが面白くないはずがないでしょう?
指揮者も、新国立は バイロイト経験も多いシュナイダー、バイエルンは 最近 ワーグナー作品の映像化が多いケント・ナガノ、春音楽祭は この夏 バイロイト音楽祭にローエングリンでデビューした新星(30歳)アンドリス・ネルソンスと指揮者の聴き比べも面白いんじゃないか?と思う。
(バイロイトバイロイトと書いてはいますが 実際、僕は そんなにバイロイトに対する思い入れは無いんですけどね…… 特に最近のバイロイトには……)

まぁ なんにしても 今期よりは 来期のほうが期待しています…… ということで……。


来期 2011/2012の新国立劇場プログラム2演目が発表されていたので 詳細について 書いておこうと思う。
演目は、トロヴァトーレとローエングリン。

前者は、ピエトロ・リッツォ指揮、ウルリッヒ・タース演出(新演出)、フラッカーロが ここでも来日、レオノーラは タケシャ・メシェ・キザール

タケシャ・メシェ・キザールって 聞いたことのない歌手だったので調べてみると
最近では メトロポリタンはじめ あちこちで歌っているらしいので ちょっと期待。
http://www.askonasholt.co.uk/artists/singers/soprano/takesha-mesh-kizart

試し聞きしてみるか?と思って調べたら ↓いわゆるBootlegですが幾つか出ている模様。
メトのボエーム含め三種類音源が出ています。 レスピーギのマリー・ヴィクトワールなんて聴いてみたいかも? 指揮がユロフスキだし……
http://premiereopera.com/search.aspx?find=kizart

後者は、指揮ペーター・シュナイダー、マティアス・フォン・シュテークマン演出(新演出)、ローエングリンは クラウス・フロリアン・フォークト、エルザはリカルダ・メルべート

シュナイダーは ばら以来かな? 演出は、毎度 御馴染 マティアス・フォン・シュテークマン
…で フォークトが(ホフマン物語以来)出演するとなると きっと チケットの入手は 厳しくなるんじゃないかな?と思います。
個人的には シュナイダーの指揮もマティアスの演出も興味ない(…というか むしろ好んでいない)のですが フォークトの歌は聴いてみたのですよね……

とりあえず
今回、発表の2演目は どちらも行くことになるでしょう。



う~ん…… しかし、酷いチラシの裏状態……


参考映像も一緒にアップしておこうと思います。

映像は、重いので 畳んでいます。
興味ある方は、”続きを読む”をクリック……

Pagination

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。