スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エミュ cuisine francaise emuN (恵比寿)に行ってきた。 その②

妻のほうのコース→→→http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-357.html
に引き続き 僕が頂いたコースを紹介していきます。

僕は セゾン(8000円 にメニュの追加料金+800円=計8800円) というコースを頂きました。 (上に 12000円の時を食すという"デギュスタシオンコース"があります。)
内容は、アヴァンアミューズ、アミューズ、前菜、野菜料理、ポタージュ、魚料理、主菜、デザート、小菓子と紅茶というもの。

まず アヴァンアミューズ、アミューズは 妻のコースと一緒なので割愛。

前菜は、アスパラガスとラングスティーヌ(手長海老)にポーチドエッグ
トリュフが ふんだんにかけられており 物凄い魅惑の香り……
こちらの料理は いづれも 香りの演出が素晴らしいのですが 特に この品が最高でした。
アスパラガスと海老の火入れも絶妙で 勿論 香りだけでなく 味も素晴らしかったです。

DSC01257.jpg

妻のほうにも載せましたが 微妙にアングルを変えて……
こちらの野菜は、能登島の赤土野菜と土浦の完全無農薬野菜なんだそうです。

DSC01262.jpg

牛蒡のスープ。
中に入っているのも牛蒡チップスです。
久々に ニッコーのIOシリーズの器。

DSC01263.jpg

ブイヤベース 真鯛と その白子を炙ったものが乗せてあります。
白子の炙られた香りが これまた 食欲をそそります……

DSC01265.jpg

J.L.コケーの器に乗ってきた 乳飲み仔牛 大好きなモリーユ茸のソースで……
こちらも 素晴らしい火入れ。 生ハムによるアスパラガス巻きが添えられており こちらも美味しかったです。
因みに カトラリーは キュティポールのもので 肉用ナイフのみラギオール。
ここの店のセンスは 本当に好みだ……

DSC01269.jpg

桜の味のデザート。 今回は、全体的に妻のチョイス勝ちでしたが デザートに限っては 僕のほうが断然良かったです。

DSC01271.jpg

紅茶を頂きました。

DSC01273.jpg

ベルナルドの ちょっと傾いてソーサにカップが乗る (本来は)カプチーノセット(?)
最後の最後まで 素敵な食器も楽しみながら 美味しい食事を頂きました。

DSC01275.jpg

今日は、急に店を決め 滑り込みの食事でしたが
本当に大満足の内容でした。

ご馳走様でした。


さて
次回の外食は、来月 ガニエール氏の来日時に合わせて 久々に氏の店に行って参ります。
前回のガニエール訪問①→→→http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-174.html
前回のガニエール訪問②→→→http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-175.html
スポンサーサイト

エミュ cuisine francaise emuN (恵比寿)に行ってきた。 その①

昨年6月に出来たばかりで 一ツ星を取った レストラン・エミュに行ってきました。
→→→http://www.emu-francaise.jp/

本日も メニュ数が多くなりますので 僕と妻のコースを分けて紹介します。

今日は、妻のほうのコースから紹介していきます。
注文したのは エミュというプリフィックスコース (6000円にメニュの追加料金+2000円=計8000円)で
アヴァン アミューズ、アミューズ、前菜、野菜の料理、主菜、デザート、小菓子とカプチーノという内容。

……では 料理のをほうを……の前に…

席につくと 水の入ったグラスに 乾燥圧縮されたウェットティッシュが投入され
水を吸い上げ ニョキニョキっと大きくなる。 これ どこかで経験した記憶があるのだけど どこだったかな?

DSC01249.jpg

テーブルセッティングもパシャリ PILLIVUYTのインシデンスシリーズ
ここのセンスは とっても好みです。

DSC01250.jpg

まずは アヴァンアミューズ
右のパイの中に入ったリエットが とても美味しかったです。
これは 来客時 手軽なアミューズになるので 今度 作ってみようかな?と思いました。

DSC01251.jpg

帆立のタルタルと新玉葱のポタージュ
二つの品の相性もよく 出だしから掴みの良いアミューズ。

DSC01252.jpg

パンは こちら。 かなり美味しいパンでした。
焼いているのか? どこかのパンなのか? 尋ねてみれば良かったかも?

DSC01255.jpg

フランス産鴨フォワグラのプレッセ仕立て 季節のフルーツとご一緒に(+1000円)
見た目通りの繊細さと華やかさを持った味であるだけでなく インパクトも備えた なかなか濃い一品。

DSC01258.jpg

蕗のとう、たらの芽、つくしなど旬の山菜をはじめ 野菜盛り沢山のスペシャリテ。
カリフラワーのムースにマヨネーズが加えられているソースをつけて頂きます。(つけなくとも 軽く塩が効いており美味しかったです。)
野菜盛り合わせでは リベルターブルとは また違った方向で 同じくらいの大ヒット。
これのために また来たいと思わされる一皿……

DSC01261.jpg

ビュルゴー家のシャラン鴨 (+1000円)
ソースは フォアグラのプレッセ仕立てと被るということで シェフお任せのソースにして頂きました。
五香粉のソースだそうです。
火入れも素晴らしく ソースも美味しく 文句なしの鴨料理。

DSC01268.jpg

グレープフルーツのテリーヌだったけかな?に柑橘類のソルベ。

DSC01272.jpg

小菓子。 妻は カプチーノを頂いていました。

DSC01274.jpg


僕のほうのコースへ続く
→→→http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-358.html

Pagination

Utility

プロフィール

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。