スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロリレージュ Florilege (外苑前、表参道) に行ってきました。

本日は 外苑前にある 一ツ星のフレンチレストラン フロリレージュに行ってきました。
http://www.aoyama-florilege.jp/
前々から行ってみたい店ではあったのですが なかなか予約が取れず ようやく…という感じです。


ランチは 4200円のプリフィックスコースのみ
前菜とメイン、デザートを選べます。 メインは二皿構成となっていますので アミューズを除き4皿。

詳しいコメントは 後程。

アミューズ

DSC02889.jpg

私の前菜 鮎

DSC02891.jpg

接写…… 頭は骨煎餅のようにカリッと揚げてあります。

DSC02896.jpg

妻は こちらの有名なスペシャリテ フォアグラとメレンゲのコントラスト。
柴田書店著のフォアグラ料理本でお馴染みのコチラが 今回、最大の目的でした。

DSC02893.jpg

バター

DSC02894.jpg

バケット

DSC02895.jpg

私のメインは 鳩

DSC02898.jpg

鳩以外にも (鳩は脂身が少ないので補うように)薄い牛のローストが添えてあります。
火入れに関しては 絶妙。

DSC02900.jpg

鳩の もう一皿は 内臓等を詰めたラビオリ

DSC02904.jpg

妻は、豚ハツのロースト

DSC02901.jpg

豚の もう一皿は 脳味噌の じゃが芋包み

DSC02906.jpg

私のデザートは、チョコレートのオムレツ

DSC02907.jpg

妻のほうは 桃

DSC02909.jpg

ハーブティーと小菓子

DSC02910.jpg

お持ち帰りしたかったくらい美味しかったです。

DSC02911.jpg

ロベルト・デヴリュ ドニゼッティ作曲 バイエルン国立歌劇場 東京文化会館 2011年9月27日

ロベルト・デヴリュ
ドニゼッティ作曲
バイエルン国立歌劇
場東京文化会館 2011年9月27日

エリザベッタ:エディタ・グルベローヴァ
ロベルト・デヴェル:アレクセイ・ドルゴフ
ノッティンガム公:デヴィド・チェッコーニ
サラ:ソーニャ・ガナッシ
チェチル卿:フランチェスコ・ペトロッツィ
グァルティエーロ・ラレイグ卿:スティーヴン・ヒュームズ
小姓:ニコライ・ボルチェフ

バイエルン国立管弦楽団
指揮:フリードリッヒ・ハイダー

バイエルン国立歌劇場合唱団
合唱指揮:ゼーレン・エックホフ

演出:クリストフ・ロイ

====================================================================

全然、ブログの更新が追い付いていません……
コンサートの雑感も無し……
外食記事もメニュー表記のみの状態のまま……と……
検索でアクセス頂くこともあるのに粗末な状態で申し訳ありません……

ボローニャは 清教徒、エルナーニ共に最高に満足という感じではなかったのですが
かなり楽しめました。
この日のバイエルン公演は 正直、グルベローヴァに尽きる感じではあるのですけど とても満足度は高かったです。

詳しくは 余裕が出来次第 更新ということで……

明日は、ローエングリンの公演……
と その前に外食で 某三ツ星のスーシェフを経て 一ツ星となった店でフォアグラのスペシャリテを頂いてくる予定。
金曜は 家族で外食の予定(近場ですが…) 週末からナクソス島のアリアドネの公演まで 少し時間があるので
そこらで一息ついて更新は出来るかな?という感じです。

Pagination

Utility

プロフィール

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。