スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新寿司 ( 登戸 ) に行ってきました。

小田急線(南武線)登戸駅から 住宅街の奥へ歩いて10分程度入ったところにある鮨屋さん。

知る人ぞ知る名店との噂を予てより聞いており 行きたいと思っていたのですが なかなか機会を得ず ようやく初訪問……

注文は お好みではなく おまかせ
あまり飲まないことを伝え 寿司主体で頂くことに……

【先付け 白子ポン酢】

瓶ビールを出して貰い 飲みながら 先付けを…… 美味しい白子で この先の寿司への期待が否応なしに高まります。

DSC03579.jpg

墨烏賊 2貫

東京湾産のもの 酢橘の汁が塗られており 醤油は付けずに頂きます。
甘みが とても強く 歯応えもムッチリ…… かぼすの風味で適度な軽さと爽やかさが加味されており バランスが とても良かったです。
米は 好みからすると やや柔らかめ でも酢の加減は好み
見た目 有名店のような洗練された造形美の握りではありませんし 雑然としたところもありますが 口に入れた時のほぐれ具合等は とても良い感じ。

DSC03581.jpg

金目鯛 1貫

凄い旨みの濃い金目…… 尋ねたところ 三日間熟成されているそうです。

DSC03582.jpg

松川鰈 (松皮鰈) 1貫
松川鰈 (松皮鰈) の縁側 1貫

歯応えのしっかりした こちらも かなり甘みの出ている鰈。
産地は 北海道。

DSC03583.jpg 

雲丹 2貫

北海道根室産の蝦夷馬糞海胆を使用。
シャリに海苔が切って乗せられ その上に雲丹… 藻塩がかけられています。

DSC03584.jpg 

本鮪 赤身 1貫
本鮪 中トロ 1貫
本鮪 大トロ 1貫

いづれも 文句無しの鮪。

DSC03585.jpg

天然車海老 半分に割ったものが2貫

常に入っているわけではないのですけど 今日は 天然車海老が入っているんです。 どうぞ……と……
海老そのものの味の良さは もう言うまでも無く…… そして 茹で加減も絶妙で…… 旨かったです。

DSC03586.jpg

【ねぎま】

店員さんが おもむろに出してくれました。
素材が良いので 当然、これも かなり旨い。

DSC03587.jpg

小肌 2貫

東京湾産のもの。
塩加減、酢加減 絶妙な小肌。 腹具合が既に一杯になりつつあったので追加しませんでしたけど もう2貫くらい食べたかったな……

DSC03588.jpg

鯖 1貫

済洲島沖産の高級鯖 2月くらいまでは美味しいですよ~と……
いやぁ 本当に…… 食べてる方がトロてしまいそうな鯖……

DSC03589.jpg 

牡蠣 北海道 明石産 2貫
筋子 1貫

牡蠣…… 美味しそうで つい置かれた瞬間にパクッといってしまい…… 写真を失念してしまったので 1貫追加して貰っちゃいました……

DSC03591.jpg

一応、牡蠣を頂いた時点で 一通り終了という感じだったのですが 牡蠣を上記のような理由で追加したら
筋子出していなかったね…と 自家製で漬けてある筋子を出してくれました。
これが 味が濃く(強いではない) ねっとりした絶品の筋子。 食べ損じずに良かったです(笑)


以上 おまかせ18貫(白子ぽん酢、ねぎま)+瓶ビール1本+お土産の寿司折り(3000円)で10600円
おまかせの目安は6000~7000円くらいと聞いていたとおりで 食べる前から 随分 お安いなぁと思っていましたが
実際に食べてみると 思っていたどころじゃないCPの良さに驚き……

遠方からも来られる客が多いと聞いていましたが これなら それはそうでしょう……と納得……
……というか これまで これ程の鮨屋が徒歩圏内にあったというのに利用して来なかったことが悔やまれる感じ……
これからは 機会さえあれば 家族や友人を連れて 利用させて頂こうと思います。


ご馳走様でした。


付け加え

新寿司ご主人の息子さんの店 爐ばたでも 同じ質の魚を使った料理を出されているのだそうです。
是非 そちらにも寄らせて頂こうと思ます。

てらしま (久地、津田山、宮崎台) に行ってきました。

東高根森林公園のほうにある鰻屋 てらしまさん 以前より興味はあったのですが
うちからだと流石に歩いて行こうという距離ではないので どうしようと迷っていたところ(私は 車に乗りません…)
父が『一緒に行こう…』と車を出してくれたので 家族で行って参りました。

2011-11-262018_36_09.jpg

入ると他に子供連れの方もおり 居心地の良さそうな雰囲気……
安心して 席に着きました。

メニューを みますと うな重は 竹、松、特上の三種類 梅はありません。

竹2400円、松2800円、特上3600円
竹と松の差は 吸物が松だと きも吸になります。
松と特上の差は 鰻の大きさだそうです。

きも吸も頂きたかったので 松を注文。

鰻はほどほどの厚みで 表面がパリッと焼かれ香ばしい薫りがします。
中身は 軽く崩れるほどではなく 適度にふわっとした感じ。
タレは 中庸やや甘めか? 鰻の焼き加減や米の固さとのバランスが良い お味だと思いました。

2011-11-262018_36_02.jpg

子供も よく食べてくれ 両親も美味しいと言っており 家庭内の評判は上々
車だと 行くのに そう大変な場所ではないし 機会があったら また行きたいね…という話になりました。

ご馳走様でした。

2011-11-262018_36_17.jpg

…と ここまでは食べログの移し……

今日は、先の うな鐡と一日に連続2食 鰻でした。
(一日2食ですが うな鐡のほうは 蒸しの強い ふかふかで とろけるような鰻
てらしまのほうは パリッとした焼きの効いた鰻 と 対照的なものだったので飽きずに愉しく頂くことが出来ました。)
まだまだ 鰻に関しては 舌のほうが かなり経験不足で未熟なため
理想の鰻像が うっすらとも見えて来ていない状態ですので これから 少し鰻を食べる機会を増やして経験値を上げていきたいと思っています。

Pagination

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。