スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大衆酒屋 大衆酒場 凧凧 登戸店 (登戸) に行ってきました。

まるかみ水産系列の居酒屋チェーン。

店内には 船を模した席があったり 足場が組まれていたり 漁業網がかけられていたり…と…
市場風なんですかね?
ちょっと面白い店内ですが 掃除し辛いのでしょうか?
足場の上など 埃が溜まっていて 清潔感に欠けた感じ……
入ってすぐ右に入ると座敷もあるようでした。

頂いた料理は 夫婦二人で以下の通り


お通し 白ばい貝 チャージ 300円×2

DSC06879.jpg

かにみそサラダ 580円
ボリュームがあって良かったのですけど ちょっと山葵入れ過ぎかと……
特に下に溜まってしまっていて 手を付けられない感じでした…

DSC06880.jpg

生かき 280円×2
この値段としては良いと思います。
ただ 本日 この時期にしては 暑かったのですが
全体的に生物を外気に触れさせ過ぎな感じで 夏場には ちょっと不安でした。

DSC06884.jpg

まぐろビンタ焼き 450円
これは なかなか美味しかったです。 レモンの入ったマヨネーズソースも軽くて良かったです。

DSC06882.jpg

牛ハラミステーキ 850円
ちょっと 固くて苦戦……

DSC06883.jpg

シマアジ刺身 500円
庄や 登戸店よりは 良いですけど 土風炉 登戸店や海鮮居酒屋はなの舞 向ヶ丘遊園店よりは落ちる印象。

DSC06881.jpg

岩かき 650円
私的には 岩かきよりも かき×2のほうが良かったです。

DSC06886.jpg

アンコウ唐揚 350円
ごくごく普通。 値段が安いので良いと思います。

DSC06885.jpg

グレープフルーツジュース 350円
ビール(モルツ) 中 500円

5691円(税サ込)

全体的に 目の行き届いていない店……という印象……

先にも書きましたが 店内の掃除が行き届いていない……
大胆にチップの入った皿が普通に使われている……
刺身類の出が遅い。
既に盛られて出来あがっているものも放置で置かれていることがしばしば……
(我々の岩かきも 二度催促の後 暫く放置されていたものを持ってこられました……
やっぱり アレうちのだったのね……みたいな……)
他にも ちょっとソレはないなってことが 幾つも散見されました。

活気がある雰囲気は とても良いと思うし
料理も 味の点では 十分 普段使いとして及第点なんですけど
それ以外のところで 気になるところが多過ぎるため
ちょっとリピートは無いかな?と……

スポンサーサイト

フィオッキ (祖師谷大蔵) に行ってきました。

本日は 娘のフィオッキデビュー。
(小学生は 昼夜共に可。 但し 子供メニュー等はありません。)

頂いたのは
私が プリフィックス CANA C 5500円
アミューズ+前菜+おまかせ前菜+ズッパ+パスタorリゾット+メイン+デザート+カフェと小菓子
妻が プリフィックス CANA B 4300円+500円(メインの追加料金)
アミューズ+前菜+おまかせ前菜+ズッパ+メイン+デザート+カフェと小菓子
娘が プリフィックス CANA Leggero (全てハーフポーションのコース) 3500円
アミューズ+前菜+おまかせ前菜+ズッパ+メイン+カフェと小菓子
(税サ別)

○私、●妻、△娘、◎共通メニュー

◎アスパラガスのプリン 生ハム乗せ

DSC06859.jpg

◎フォカッチャ
パンは もう一種出されますが割愛。

DSC06860.jpg

◎鷹羽鯛のカルパッチョ ケイパーとレモン風味
からし菜、セルバチコ、トマト、デイル、大根の花(白)、黒キャベツの花(黄色)

DSC06862.jpg

△ズッパ ディファジョーリ
うずら豆、金時、白いんげん豆の3種の豆の裏ごしズッパ

DSC06863.jpg

●アクアコッタ
玉葱、トマト、セロリなどの野菜スープにチーズとパンと卵をおとした トスカーナ料理
アッサリ系のズッパですが 中にパンとチーズが入れられており 思いのほかドッシリな仕上がり。

DSC06865.jpg

○リボッリータ
野菜と豆のズッパにパンを加えてじっくり煮込み直したフィレンツェの郷土料理。
パルミジャーノをのせてオーブン焼きに。

DSC06864.jpg

○パニッシャ
サラミとインゲン豆のピエモンテ州ノヴァーラ風リゾット
写真で艶感を再現出来ていないのが残念……
リゾットの具としては 重めのサラミと豆にあった適度な重さがある赤ワイン入りのリゾットで 全体のバランスが とても良かったです。

DSC06866.jpg


△コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ
茨城産仔牛内モモ肉のミラノ風カツレツ

DSC06867.jpg

●フィナンツィエーラ
財務家風という料理で 牛ヒレ肉、リドボー(仔牛の胸腺)、鶏レバー、鶏キンカン(卵巣)、鶏トサカ (本場では 牛の脳味噌も入れられるらしいをポルチーニ茸とマルサラ酒で炒め煮したもの。

DSC06869.jpg

○ピエモンテ州サルッツォ村風 豚頬肉の赤ワインと玉葱の煮込み
今回、特に印象に残ったのがコレ! 煮込まれた玉葱の旨味が凄かったです。

DSC06868.jpg

○●柑橘のグラニータ

DSC06870.jpg

●お米のカタラーニ オレンジソース

DSC06872.jpg

○ボネ
カカオとエスプレッソのプリン

DSC06871.jpg

◎飲み物と小菓子

DSC06874.jpg


Pagination

Utility

プロフィール

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。