スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッティート mattito (稲田堤)に行ってきました。

自宅から 車で10分程度の近距離にあるイタリアンレストランmattitoに行ってきました。
http://www.mattito.jp/

今日は家族一緒だったので3800円クラスで量をバラしてコースを組み立てて頂きました。


トマトエキスのジュレ。
P1020009.jpg

パン
P1020010.jpg

牡蠣と雲丹
P1020011.jpg

アスパラガスの冷製泡のスープ
P1020013.jpg

フォアグラのパテに 人参のメレンゲを砕いたものとビーツと言っていたと思う。
P1020015.jpg

ここで娘のパスタ。
P1020016.jpg

我々の頂いたパスタ
P1020017.jpg

寒鯛と言っていた。 どうやらコブ鯛のよう?
P1020018.jpg

牛ホホ肉と西洋たんぽぽ
P1020020.jpg

塩のアイスに イチゴとグレープフルーツ 泡はグレープフルーツの泡
P1020022.jpg

紅茶
P1020024.jpg

ホームページ掲載の理念や最新調理法などを取り入れた前衛的料理の趣は 興味深かったので足を運びましたが
残念ながら出てきたものは 期待していたものとは違うものでした。

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/112-bf2abd74

Comment

はやとうり

naoさん こんばんは

外食は難しいですね・・・
一番印象に残ったのは器にチップありこれは嫌ですね 家でもそう言う物は絶対に使いません 捨てますね惜しい物思い入れのある物でも・・・

それよりも↓のヒレの方がはるかに魅かれます
  • URL
  • 2010/09/22 19:17

nao

はやとうりさん

こんばんわ。
いやぁ 本当に難しいですね…

チップに関しては 正直、生理的な問題も含め有り得ないな…と感じます。
勿論、自宅でチップありの器を取っておくようなことはありません。
どんなに惜しい品でも こればかりは別問題ですよね……

ヒレは まだまだ実験段階です…
コレだ!というタイミングがつかめるまで頑張ります(笑)
  • URL
  • 2010/09/22 19:44

桃咲マルク

本当に、はやとうりさんも書かれてるように、器にチップは絶対だめ!ですね。そんな小さい事で、たった1つの事で台無しになることありますから!ましてやお客様にはお金を頂くのですからそれだけは最低限守らなければ・・・と思いました。娘さんのパスタは本当に美味しそうで生ハムですか?すごい量ですね(^^)
泡上が確かに続きましたね。
でも私が1番興味がひかれたのはアスパラガスの泡上の冷静スープ!あれは食べたいし作ってみたいと思いました。(^^)
あのタンポポも興味はありますね!固そうですね、本当に。
やはり昼間に主婦が行くランチとは全く内容が違うので(お金もですが)いろいろ参考になりました。(といっても作れないのですが・・)
あーやはりA型でしたね(^^)
  • URL
  • 2010/09/23 06:24

nao

桃咲マルクさん

やっぱりチップ駄目ですよね…
見苦しいでの画像処理でカットしていますが
右上端と左下端が欠けているものもあったりと ちょっと未経験のチップっぷりでした……
衛生的にも安全面からしても やはり客に出すものとして最低限守るべきことですよね……

ハムは、凄い量でしたし 味も良かったです。
まぁ ハムは自家製ではないと思いますが
パスタだけでなく窯焼きピザを専門的にされているので そちらはシッカリしているのでしょう?

冷製スープ アイデア的には よくあると言えばあるくらい定番のもので
実際、上手く作られたものは美味しいと思うのですが
ここのは ちょっと微妙でした……

タンポポ、堅く食べづらかったのもありますが
苦さに参りましたね……

そうです… A型でした(笑)
  • URL
  • 2010/09/23 14:44

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。