スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真空調理・低温調理・真空低温調理必要なもの…①真空パック機

真空低温調理機器のカテゴリー

一番、定番なのは 東静電気のトスパックだろう?
http://www.toseidenki.co.jp/index.html
最も小さいものでも 30kg 25万とかするので 家庭では非現実的ですが
完全な脱気、特に液状のものを真空パックに封入する場合には 家庭用の脱気機では限界がありますので
やはり このタイプのものが理想的ではあります。

00375584-01.jpg


同タイプの品では MUDA ZEROという会社が出している MZC-300Cが激安です。
http://www.mudazero.net/Japan.html

基本的な性能では おそらくトスパックと変らなさそうなのですが 比べると 価格は半額以下の10万割れ!
30kgという重量が依然としてネックですが……

MZC_300_2.jpg

サイズ的には MINI VACが最も小型で軽量のようです。
http://www.nippo-co.com/product/pack/shinkuuki.html

それでも 大きさは 26×40×25 重量17kgと それなりではありますが……
そして 価格は25万円程度。

mini_vac.jpg

とりあえず 完全な脱気を必要と考えるのならば 上の三機種が検討の大本命になってくるのではないか?と思います。
(衛生面、熱伝達の正確性を考えれば 本来 脱気は完璧でありたい。
ことに味付けとしてソースを一緒に封入したり、コンフィのようにオイルなどを一緒に封入するのならば
尚更のことでしょう。)


安い真空パック機は 結構 1万円前後から沢山出ています。
僕自身は 真空パックん…というのを使っています。

61115-.jpg

最強にダサいネーミング のロゴが入っていて 外観は最低なのですが……
カッター付でシール時無音ということで これを購入。
実際、カッターはあると便利です。 シールは無音で良いのですが 結局、脱気時には音がするので
まぁ シール時の音に関しては どうでも良かったかな…とも思います。

液体は 基本的に漏れます…そして脱気も完全には出来ません。
漏れないくらい余裕のある袋を使うことで対応をするのですが
失敗すると 袋に余裕がある故 一層 脱気が甘くなります……
とりあえず 慣れで ある程度(コンフィ用の封入は可能なくらい)には収まります。

水分を多分に含んだものを脱気する際は
空気と共に水分も吸い上げるので 脱気は出来ますが 僅かながら漏れること多し…
袋は、ケチらず大き目にしておきましょう。

液体を一緒に完全封入したい場合には 一旦凍らせることで問題を解決出来ますが
わざわざ凍らせて~なんてするのは面倒なので 液体と一緒の完全封入は 今のところ諦めています…
なので
どうしても…という場合は、上記のゴツいやつを……
ほどほどでいいならば 簡易的なものでコツを覚えて下さい…

なにやら 最近は、ノズル付で液体封入も可能な簡易式のものがあるようですが
なんとなく ノズルの衛生面や洗浄が気んあるので とりあえず 僕は 今、使っているものでいいかな?と思っています。


↓携帯のシーラーも 試しに使ってみましたが
これは ストロー使って口で吸うのと同レベル…… 設置場所と諭吉一枚くらいは払ってもいいやという考えがあるならば
迷わず ↑のタイプを薦めます。 ↓だって 漱石一枚じゃ買えませんし……

hanpura_ir-0102.jpg

真空低温調理機器のカテゴリー
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/134-5a6b3233

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。