スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィガロの結婚 モーツァルト 新国立劇場 2010年10月13日 (水)

フィガロの結婚
W.A.モーツァルト作曲

新国立劇場
2010年10月13日 (水)
14:00開演

フィガロ:アレクサンダー・ヴィノグラードフ
スザンナ:エレナ・ゴルシュノヴァ
アルマヴィーヴァ伯爵:ロレンツォ・レガッツォ
伯爵夫人:ミルト・パパタナシュ
ケルビーノ:ミヒャエラ・ゼーリンガー
マルチェリーナ:森山京子
バルトロ:佐藤泰弘
バジリオ:大野光彦
バルバリーナ:九嶋香奈枝
アントーニオ:志村文彦

新国立劇場合唱団
東京フィルハーモニー交響楽団
指揮:ミヒャエル・ギュットラー
演出:アンドレアス・ホモキ

=========================================================

レガッツォの伯爵が見れれば(聴ければ)いいや……という思いだけで行ったことだし
ホモキの演出は 未見のものではなく しかも 元々、好んではいないけど 気にせず
カットが 当然のように入っているのも(バジリオやマルチェリーナのアリアなんかは当然無いです。) 了解の上
という 結構、色々な覚悟の上で臨んだコンサート鑑賞だったのですが……
それでも ちょっと厳しかったです……
(会場では かなりブラボーで飛び交っていたので あんまり否定的なコメントをするのも なんなんですが……)

まず しんどかったのは演奏そのもの……
ダルく 盛り上がりの作れない演奏… アンサンブルも 度々 ズレるわ…で……
正直、幾度も(寝)落ちそうになりました……

肝心のレガッツォの歌も これでは映えません……
他の歌手については…
そこそこ期待していた伯爵夫人のパパタナッシュ
声は瑞々しくて良いんだけど 度々、コントロールを失っていたし 出て欲しいところで肝心の出て欲しい声は出てこない。
そのせいで 歌にドラマが生まれてこないのは致命的。
他では ケルビーノ役のゼーリンガーも なかなか良くアリアなど歌えていて目立ってはいましたが
あくまで 歌として良く歌えていたという感じで やはりドラマ性に欠けており 舞台で盛り上がる歌唱であったとは思えませんでした。
他は…… う~ん 割愛……

加えて ホモキの演出は やっぱり良いとは思えなかった……
これよりは ずっと良かった”西部の娘”の演出であっても 識者と呼ばれる方々が絶賛するほどに良い演出とは思えなかったし
きっと ウォーナー演出同様 『好みじゃない』し『(色んな意味)評価する側いは立ちたくない』という感じ……

まぁ アタリは無いと想定していたので ガッカリはしませんでしたが ちょっと残念ではありました。


次回 足を運ぶ(既に 公演のあった)アラべッラのほうも いまいち評判が芳しくないのよね……
まぁ シルマーの演奏以外には期待していないからいいっちゃいいんだけど……
アンドレア・シェニエだって そう良さそうではないし 連打で良くなかったらキツいなぁ……
また シーズン後半 新国立から遠のきそうだ……
既に(チョーフィとガッロがいるから 一応、観るか……と)迷っていた椿姫は お陰さまでパスな気分になっているし……


=========================================================

作品とは関係ない話ですけど
今日は、凄い高校生が沢山いました。

前回は、専門学校生くらいの団体がいて
学生横一列に 前の椅子に肘を置いて鑑賞……
(劇場では 座席の背もたれに背中をつけないといけません。
何故なら 新国立劇場は ”特に”設計ミスともいえる構造で
前の人が前に乗り出すと後ろの人は舞台が まったく見えませんw)

更に 劇中に喋る喋る… しかも 喋っているの 学生ではなく主に教員だし……
(男教員が隣の女教員と周りの生徒に…)アリアの度に解説をはじめたり……(女教員も相槌打って ウフフ~♪とか……)
流石に 集中して音楽を聴ける状態ではなく  先にも後にも経験の無い『クレーム』を係員に伝えたのですが
休憩後は 更に酷くなっていました…… 多分、注意はして貰えなかったのでしょう……

(結構、一般客には 休憩中に『前に乗り出さないで下さい』とか注意しているのを見かけるんですけどね……
団体客は特別かえ?みたいな?)

今回、僕は 傍の席を逃れたものの妻は学生団体の傍になってしまいました。(急遽、妻のチケットを買ったので離れた席だったのですが…)
妻曰く、喋ったりはなかったそうですが あちこちから 頻繁に飴の袋をカサカサやっている音が聞こえてきて 多少、煩わしくは感じたそうです。

劇場も不況だし 団体客商売もしたいのは 解りますけど
団体さんを呼ぶなら呼ぶで (オペラ慣れしていない団体さんが マナーを知らないのは当然なのですから…)
ちょっと対応を考え直したほうがよいんじゃないか?と思いますね……



関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/139-ce1376d5

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。