スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月13日(日):ロッシーニ作曲 タンクレーデ:東京文化会館:藤原歌劇団

6月13日(日)

ロッシーニ作曲 タンクレーディ
東京文化会館

タンクレーディ:マリアンナ・ピッツォラート
アメナイーデ:高橋 薫子
アルジーリオ:中井 亮一
オルバッツァーノ:彭 康亮
イザウラ:鳥木 弥生
ロッジェーロ:松浦 麗

指揮者:アルベルト・ゼッダ
演出:松本重孝

藤原歌劇団合唱部
読売日本交響楽団

=================================


随分と遅くなってしまいましたが
先日 行ってきた タンクレーディの雑感を書いておきます。

ゼッダ先生の来日ということで 今回も期待して足を運んだのですが
今回は、いまいち
オケの非常に反応が悪く 先生をもってしても 前回のウィリアム・テルを演奏した東フィルのように化けることはありませんでした……

歌手陣に関しては
まず 来日してくれたピッツォラート…
流石に 一番、安定した歌唱であったと言えば 聞こえはよいですが 安定以上のものは無く
文化会館のような大舞台では声量にも不足感があり 弱さの気になる歌唱でした。

期待の高橋も 役柄を活かしきれる歌唱とは言えず
幾つかある見せ場のいづれも精彩に欠けるものでした……
エンディングもな…… 折角 華のあるヴェネツィア稿だったのに……残念。

むしろ、難役でボロボロもやむなしと思っていたアルジーリオ役の中井が なかなかの健闘ぶり
まだ若い方なので これからの活躍を期待したいな…と思いましたね。


あと演出に関しては…… 特に言うこと無いかな……
オーソドクスな上に 丁寧に作られた…という感じもしない退屈な演出……としか評しようがない感じ……



…と言う訳で
そう滅多に観れる演目(とはいえ ここ数年でも上演されていますが…)の
珍しくヴェネツィア稿のハッピーエンドが採用されている形の上演を
ゼッダの指揮で聴けた…というだけで 十分よしとは出来る内容ではありますが
不満箇所も多く 不完全燃焼な公演でしたね……




さて
次は トリノ王立歌劇場の来日公演。
ボエームが先で 椿姫が後……



blogram投票ボタン


にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/14-11dbb556

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。