スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アズワン AS ONE サーマルロボ TR-4AR 

他の真空低温調理機器


アズワンから出ている サーマルロボ TR-4AR 
最終的に 僕が購入した恒温撹拌機です。
本来、科学実験用で調理用ではありませんが 基本的な機能に差はありません。

サーマルロボシリーズは 1~4までありますが 80℃より上の温度に対応しているものは この型番4だけなので
野菜料理も行う前提である場合は、4のみが対応、他は80℃上限なので 使用が限られます。

完全な国内使用対応機器なため 100V±10% 50/60Hzで 電圧の工事やトランスも必要ありません。
140×150×300というサイズなので 鍋などにも設置が可能です。
(但し 軽い鍋の場合 水を入れていない状態ではひっくり返るでしょう…)

01583214.jpg

設定分解能0.1℃刻み、別売りのリモコン使用により 温度調節制度 0.05℃
勿論、マイコン式PID制御なので 一度 温度が安定すると誤差は 0.1℃も出ません。
バスのサイズにもよりますが 80℃まで5L程度までならば40分程度で到達するんじゃないか?と思われます。

鍋でも 設置して利用できますが
もう少し 湯煎スペースが欲しい… 鍋は使いたくない…という場合に 手っ取り早い品は ホテルパンでしょう。
バイキングで温かい食べ物やスープなどが入っているウォーマーに設置されているもの。
サイズは、様々あり 大体 深いモノだと200mmありますので 丁度よいんじゃないかと思います。

あと もう一点
調理用ではなく 業務用の機器ですが 発熱機の部分にカバーがしてあるので 真空パックが発熱機に接することなどがありません。
安全面や衛生面を考えても 良いことだと思います。

aht73.jpg

フタは 電ノコかなんかでカットすれば 使えるかな?
80℃くらいまでは そんなに蒸気が出ませんが それ以上の温度で使う場合には フタが必要になってくると思います。

0056-0201.jpg

また 蒸発する水を抑えたいという場合には、PPボールを水面に浮かべておくと効果的だそうです。

mono09189266-070912-02.jpg

個人的には 沢山の機器を吟味した上で 購入を決めた機器なので
言葉だけの推薦ではなく 現状、国内で買える真空調理用の機器としては 最も推薦出来る品です。
とはいえ
幾ら、業務用機器に比べると 10万円を切りますので かなりの差がありますけど それでも高額な品ですので
最終的に 一般家庭では 導入コストが問題になってくることもあるでしょう?
(※電気代も1200Wですから それなりにかかります。)
その場合
電源環境や設置環境が整うならば 海外製品を並行輸入したり、業務機機を中古で購入したほうが
安上がりな場合も少ないないでしょうし
80℃以下の温度設定で問題ないというのであれば 同シリーズの廉価機(実売6万円以下)や
タイジ 乾式スープウォーマー 4Lは 30~90℃(実質最大温度は85℃程度らしいです。)まで1℃刻みで設定が可能とされ 実売5万円以下
もチェックしてみてはどうかと思います。


他の真空低温調理機器

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/141-36227adf

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015/01/19 19:08

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。