スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK音楽祭 ニコラウス・アーノンクール ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス NHKホール 10月24日(日)

NHK音楽祭 ニコラウス・アーノンクール ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス NHKホール
10月24日(日) 17:30:プレトーク、18:00:開演

バッハ
ミサ曲 ロ短調 BWV232

ソプラノ:ドロテア・レシュマン
ソプラノ:エリーザベト・フォン・マグヌス
アルト:ベルナルダ・フィンク
テノール:ミヒャエル・シャーデ
バス:フロリアン・ベッシュ

アルノルト・シェーンベルク合唱団
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
指揮:ニコラウス・アーノンクール


毎年恒例だけど 実は はじめてのNHK音楽祭に行ってきました。
理由は、アーノンクールによる 最後の公演と銘打っているコンサートであったから……

実際、本当に最後かどうかなんて(彼くらいの大物になると)分からないし 正直、あやしいものですが…
でも、そうそう 生に触れられる方ではなく 前回の来日は逃してしまっていたので 今回は足を運んでみたかったのです。
演目の選択に関しては 出来れば 天地創造を選びたかったのですが その日は都合が合わず このロ短調ミサの公演を行くことになったという感じ。

では軽く雑感に入ります。

全体的には 最初、少し たどたどしいところもありましたが 前半の中後半くらいには気にならなくなり
後半は 非常に充実していたように思います。
アーノンクールらしさ…というものも 色濃く感じられたし そういった意味では面白かったです。
(かつての様な 濃さとかクドさとかとは違いますし 感じ方によっては らしさは薄まったと感じたりもするでしょうが…)

ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの古楽器演奏も 良かったのですが やはり この会場(の広さ)では 流石に不利だなと思わされました…
良かっただけに…… また 狭い会場や教会だったら どんだけ良かったかことかと想像つくだけに…… ちょっと勿体ない感じではありましたね…。

合唱に関しても良かったけど オケ同様に この会場では ちょっと厳しい感じで 美点が損なわれる…とまで言いませんが 活かされない環境ではあったと思います。

ソリストは ベッシュが 特に良かったですが 勿論、シャーデも良かったです。
女性陣では レシュマン ちょっと立ち過ぎな感はありましたが 好ましい声に歌唱。
マグヌス、フィンクも好きな歌手なのですが 今回は あんまり好ましくはなかったです。
勿論、悪くはありませんでしたが…… あくまで比較の問題で……

全体的に とても高水準な 期待される通り以上の内容であったとは思うのですが
最終的には、好みのロ短調ミサではないこと…… というか アーノンクールの解釈に共感出来ず
(音源を聴いていても そうなんですが……)
音楽として聴いていて良かったけど、彼のロ短調ミサが その曲としてどうこうは ちょっと僕には 解らない……
正直、ピンとこなかったという感じですかね……

(参考までに 僕が最も好んで聴いているロ短調ミサは…と言いますと… もう 長いこと ヘレヴェッヘ&コレギウム・ヴォカーレ盤になります。)

…と 色々 言っていますが とても愉しめたことには間違いありませんし満足感は高かったです。
ことに今回、久々に最前列の(ど真ん中よりは ちょっとズレましたが)センターブロックだったため(まさに かぶりつき=FRONT ROW SEAT)
間近で アーノンクールが観れたこと含め とても良い思い出にはなりました。




余談ですが
食事に行く予定でしたが 雨だったので却下
どうせ昨日は 一人だったし…… 足早に帰宅しちゃいました。


今年も あと僅かですね…
年内に観るコンサートは あと新国立のアンドレア・シェニエとヌッチのリサイタルくらいなもんかな?

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/161-d324ffcc

Comment

桃咲マルク

コンサート良かったですね!!
それもNHKの音楽際ですか!!
すごいですね(^^)
アーノンクールによる最後の公演ですか!
・・・・とはいっても私にはわからないんですが、大物の方なんですね!
とても満足されて夕飯も食べないで帰られたのですかね!雨とは言え胸が一杯になるともうそれだけでお腹までも膨れませんか?
でもいつくらいからその趣味がおありなんですか?誰かの影響なんてあったのですか?
前から何故なのか聞いてみたかったので・・。
私の周りにはオペラや音楽を聴く方がなかなかいないのではじめてなんで!
やはり育った家庭環境ですかね(^^)
でも楽しまれて良かったですね!
  • URL
  • 2010/10/28 14:09

nao

桃咲マルク

コンサート 結構、愉しめました。ありがとうございます。

かなり大物な方です。 御歳80歳の大巨匠という感じですね。

いつから?
う~ん クラシック自体は 子供の頃からクラシック鍵盤と声楽を習っていたので それなりに聴いていたのですが
若い頃は、ロック等のほうが好きだったし、クラシックそのものより クラシックの影響が強い他ジャンルのほうを よく聴いていたので
実際、オペラ等を中心に(他は あまり聴かないというくらにまで)聴きはじめたのは 結構、最近です。

育った環境も やはりあるんでしょうかね?
なんとなく 成長過程での趣味のほうが 影響は大きい気がしますけど? どうでしょう?
僕も よく解りません(笑)
  • URL
  • 2010/10/28 20:03

AKI

古楽器の演奏は やっぱり教会なんかで聴いたら良いでしょうね。こじんまりした音楽ホールとか。
NHKホールですよね・・・私はどうもNHKホールは良いイメージが無くて・・・バレエを観た時見にくい席にしか当った事がなく。。。今はNHKで観る事は無いですけどね。

naoさん 本当に音楽もお詳しいですね。
私もクラシックは好きですが 自分の好きなのしか知らない・・・って感じです。
でもね、naoさんのブログ読んでると色々聴いてみたいな~って気持ちになりますよ~。
なかなかそんな優雅にはいきませんけど。

FRONT ROW SEATって「かぶりつき」の事だったんだ・・・確かにヨダレが出るポジションですよね(笑)。

  • URL
  • 2010/10/28 22:21

nao

AKIさん

そうですね。
やっぱり教会や小さなホールがよいですね。

NHKホールは 僕も好きじゃないんです…
第一に広すぎますからね……
東京文化会館や神奈川県民ホールで同公演がある場合には 相当なこと(安価に良い席が入る等)がなければ選びません。

FRONT ROW SEAT 直訳で前列の一階席という意味で 意訳で かぶりつき(=最前列中央)になります。
音的には もう少し後ろのほうが良いという人もいますし、むしろ、天井桟敷が良いという人もいますが
かぶりつきで観るのも ことにオペラやバレエですと 良いものですよね?
  • URL
  • 2010/10/29 02:00

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。