スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イル ギオットーネ IL GHIOTTONE ( 丸の内、有楽町 ) に行ってきました。

オーディオショウの開催されている東京国際フォーラムの近場で 食事後 直ぐに戻ってこれる場所を条件に
以前より 行きたかった(京都初の有名イタリア料理店)イル ギオットーネに予約を取っておきました。
http://www.ilghiottone.com/home.html

行きたかった理由は ↓コレ
51CJ20V9B2L__SL500_AA300_.jpg

イル ギオットーネの傑作レシピ イタリア料理の展開力
という料理本なのですが この本を持っており(ちょっと 面倒臭い料理が多くて 作ってみたことは無いんですけどね……(笑))
色々と料理を見ていたため 以前より 行ってみたかったのですよね……

…で どんな感じの お料理が出てくる店か……に入りましょう。
(ディナーの分もアップしなきゃいけないし 前置きは このあたりでささっと行きましょう…)

僕は、一番上のコース、妻と友人は真ん中のコースを取りました。
平日は 格安ランチがあったりと値頃感もあるのですが
週末は 結構、ディナー並に お高いコース中心で 僕のコースはディナーと同じ食材を使用ということ
ちょっと贅沢過ぎるな…というのもあったのですが とりあえず、期待感もありつつ食事開始。

まずは
パンとオリーブオイル
食器は、M-Styleから アラビアのムーミンシリーズまで 幅の広い軽めの揃え
カトラリーは、Chambly Tricというもの。 初見です。

P1020257.jpg

カリフラワーのパンナコッタ たっぷりの雲丹とブロッコリーのソース
一品目から なかなか食材もよく 面白い品。
パンナコッタがシンプルながら 完成度が高く 非常に美味しいです。

P1020260.jpg

焼き立てのカボチャのスフレ たっぷりの雲丹とマスカルポーネのエスプーマ
※妻達のコースから…
一品目は 下のコースと感じさない質と面白さのある品。 カボチャのスフレが美味。(御行儀悪いのですが いづれも互いにツマミ 食べ比べをしています。)

P1020261.jpg

カワハギのカルパッチョ 肝とキャビアを添えて
周りの野菜は ちょっと和風。
今年は 季節に入って初めてのカワハギ。 当然 美味しいのですが これは店でなくとも…という感じ。

こちらでも ガラス食器は スガハラガラスさんのものを多用。
あとで 先日、リベルターブルでも出てきたタイプの器が出てきます。
http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-162.html

P1020264.jpg

炭焼きにした明石の鰆(サワラ) 信州のいろんなキノコとポタルガを添えて
※妻達のコースから…
皮をパリッと身の火入れも素晴らしい鰆。味付け、香りも申し分ありません。 キノコもバリエーションがあり面白い一品。

P1020266.jpg

やわらかなアワビと京都の松茸 すだちの香りのカルパッチョ
高温に耐えられオーブンに入れられるラップ (カルタ  ファタ) を使った一品。
http://www.fmi.co.jp/products/carta_fata/index.html
袋に包まれた状態で登場。

P1020267.jpg

開けると すだちの香りと共に アワビと松茸が……
当然のように美味しい料理ですが アワビの食感、味は もう一歩。

P1020268.jpg

ふろふき蕪(カブ)とスワイガ二 ザバイオーネとトリュフの香り
※妻達のコースから…
こちらも面白い一品。 素材的には 上のコースより抑えられていますが
アイデアが面白いので思いのほか ここまでは 価格差ほどの物足りなさは 下のコースにもありません。
というより むしろ 素材の分、アイデアが充実していて 下のコースのほうが面白いくらいという印象すらありました。

P1020269.jpg

中を割ると こんな感じ。 非常にジューシー! 蟹との相性も抜群です。

P1020270.jpg

北海道から届いた雲丹と九条葱のタリアテッレ
こちらの料理は どれも 香りで楽しませてくれるものが多く感心します。 こちらも柚子の香りが立ち上がる一品。
円やかな口当たりの後 ホットな刺激を軽く得 それが瞬時に引くと共に 柚子の香りが爽やかな余韻として残ります。

P1020271.jpg

炭焼きしたカマスと松茸のパヴェッティーネ
※妻達のコースから…
こちらのパスタも 香ばしいカマスと松茸の香りに包まれており なかなか美味。 ただ僕のコースのパスタと比べた場合 ちょっと凝りよう的には落ちる感じ。

P1020273.jpg

熱々のフォアグラとプルーンのタルト アールグレイのジェラードといっしょに
ここからは 流石にコースの差がシッカリ出てきています。
フォアグラは 単体でも好ましい火入れ加減で美味。 それぞれの食材が相性良く まとまっており 一緒に口に入れても美味。
小品ですが 大満足。

P1020274.jpg

和田さんの牛蒡(ゴボウ)とハーブ豚のガルガネッリ 長文屋さんの七味といっしょに
※妻達のコースから…
もう一品。 パスタ。 流石にパスタは専門の店ですから これはこれで美味しいのですが 二つパスタが続いてしまうのは ちょっと面白くないかも?

P1020275.jpg

石川県産鹿ロースのパートフィロ包み 栗のクレマとポルチーニ
これは 下のコースと圧倒的に差がある一品ということで満場一致。
パイの焼き加減が最高。 鹿は やや火が入りすぎか?というところでしたが それでも これは美味。
友人は、これを食べて 『やっぱり 上のコースにしとけば良かった』の声…

P1020277.jpg

割ると中身は こんな具合。 レーズンやリンゴが入っています。 肉は やや火が入り過ぎ…と書きましたが、写真で感じられるほどに 強く火は入っていません。 

P1020279.jpg

和牛ホホ肉のプラッサート いろんな秋の野菜のプリカッセ
※妻達のコースから…
普通に美味しいホホ肉なのですが 食べ比べてしまうと こちらは あくまで普通のホホ肉料理の延長線上であって 特別なお料理が出てきた感は無し。

P1020278.jpg

本日のドルチェより一品
僕の選んだ品
僕は、自分のが一番良かったのですが……

P1020281.jpg

妻の選んだ品
妻は、妻で 自分のが一番良かったらしい。

P1020283.jpg

友人の選んだ品
でも友人は、自分のが一番 失敗だ…と嘆いていました……

P1020282.jpg

紅茶

P1020284.jpg

全体を通して アイデアが面白い料理満載で しかも完成度が高く とても安定感のある店という印象でした。
ただ 纏まり過ぎていると感じさせる部分もあって 際立ったインパクトを与えてこないという印象も同時にあり
そのあたりで評価は まちまちなのかな?とは感じました。
個人的には、安心して食べられる優良店という感想で 堅苦しくもなく 有楽町では立地も良く また足を運ぼうと思える店でした。

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/170-a2aa1501

Comment

桃咲マルク

本当に、外食の話も楽しいですね!
これが全くの他人?さんなら。特別興味もわかないのですが、ブログを通して知り合いに?なったnaoさんの何を食べられてるのかな?みたいな・・・
あ・・・もちろん全くの他人と言えばそうなんですが(笑)
今回のはすごく全体を通してバランスが取れている気がします!(←てえらそうに・・・)
naoさんが結構今までの中でも気に入られた中に入るかな?と印象を受けました!
カリフラワーのパンナコッタは是非食べたいです!カリフラワーをパンナコッタに?という発想がありませんから・・・。
後、かわはぎのカルパチョの肝!!私は飲めないのに内臓系が大好き!!むしろお肉よりも内蔵がすきかも(^^)
あ・・関西で5000円以下のお店があるのですか?あの本に!!是非チェックします!ありがとうございます!
  • URL
  • 2010/11/07 12:29

nao

桃咲マルクさん

そうですね
パンナコッタなど良い例だと思うのですが
凝っていて 発想に新しさを感じさせるし 勿論 新しい味覚に食感なのですが
それでも 奇抜にはならず むしろ 馴染みのある普遍性みたいなものを感じさせる安心感がある
非常に完成度の高い料理が多かったため どちらかというと長く付き合えそうな予感のする気に入り方で好ましかったです。

多分、ここはメニューも頻繁に新しく変えてくる店なように思えますし 次回も飽きずに食べられるんじゃないかな?と思えたりします。

僕も内臓系好きなんです。
肉でも魚でも よく食べますね。
これからの時期のカワハギは 特に肝が大きくなり フグ以上の味覚にも関わらず 価格は そこまでしません。
なので 家庭にも結構、登場すると思います。

ミシュランの星付というと 全てが全て 滅茶苦茶な金額で
本当の金持ちしか行けない…みたいな印象を持たれていることもあると思うのですが
案外、ランチなどは 5000円前後から食べられるところもあったりします。
先日のデザート中心のコースの店など(ミシュランの星は出来たてで取得していませんが)は コース2900円+スペシャリテ1品1400円追加という感じでした。
先日の三ツ星カンテサンスのランチで7875円という具合。
勿論、三ツ星ロブションのディナーコース35000円とかいうのもありますから 本当に値段は まちまちとしか言いようがないんですけどね……
とりあえず 関西版は 結構、価格的に5000円を切るような手頃な店『も』多いと聞いています。

まぁ どこまでいっても 5000円のランチが 安いランチとは言いませんけどね……
1000円越えたら 結構、いい値段のランチですよね?
(個人的な 手頃なランチと高めのランチの境は 税込780円(笑))

  • URL
  • 2010/11/07 19:38

いちごっ娘

<イル ギオットーネ>は
オープンした頃に行きましたが
おいしいですよね!
サービスも堅苦しくなくて。
私も結構好きです~
  • URL
  • 2010/11/07 23:27

nao

いちごっ娘さん 行かれたことあるのですね!

とても美味しい店ですよね!

値段さえ見なきゃ ある意味で近所のサイゼリアくらい入り易い雰囲気なのに
客の会話の間を読んだりとか 痒いところに さっと手を差し伸べたりとかが上手で
よく行き届いたサービスですよね?

居心地良いので また行きたいなと思っています。


  • URL
  • 2010/11/07 23:44

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。