スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010東京インターナショナル・オーディオショウ その②

CEC 株式会社
B.M.C. (Germany),CEC (Japan),CosmoTechno (Japan)

CECは 特に目新しさなし……で スルー

IMGP4036.jpg

エソテリック株式会社
http://www.esoteric.jp/
avantgarde acoustic (Germany),EKORNES (Norway),ESOTERIC (Japan),Grand Prix Audio (U.S.A.),TANNOY (U.K.),van den Hul (The Netherlands),VPI Industries Inc. (U.S.A.),WBT (Germany)

大きいほうのブースは、もう入る気起きないほどの人だかりだったので 小さい方のブースだけ……
どうせ エソテリック製品は あちこちで触れる機会があるし、アヴァンギャルドには興味ないので……

…で こちらのブース
新キングダムが鳴っていました。
音は なかなかだと思います。
ただ この妙な具合にソナスかぶりなデザインと冷蔵庫並の大きさは『無いな…』という感じ……
実際、タンノイファンは どう感じるのでしょ? 元々、キングダムシリーズは プレステージシリーズなんかとは一線を画すデザインだったし これもアリなのかな?

余談ですが JBL同様 信じてもらえないかもしれませんが タンノイサウンドって 結構、好きで
今は 手狭なので ありえませんが 今に タンノイも一台 欲しいなぁと思うことが 結構あるんです。
どのみち 買うとしたら 多分、グレンエアとかなんですけどね……

IMGP4037.jpg

ラックスマン株式会社
LUXMAN (Japan),Consensus Audio (Austria)

ラックスマンは 結構 好きで B&WやWILSONを鳴らしていた時は 入り浸ることもあるブースだったのですが
このコンセンサス オーディオのスピーカーがデモに使われるようになってから スルー方向に……
ルーメンホワイトは 結構、好きなんですけど どうも これは好きになれません……

IMGP4038.jpg

株式会社ゼファン
Aesthetix (U.S.A.),Audio Machina (U.S.A),Continuum Audio (Australia),HIFI4MUSIC (Italy),Ocean Way Monitors (U.S.A),Organic Audio (Denmark),VIOLA (U.S.A.),Xodus (U.S.A.)
ステラヴォックスジャパン株式会社
Acoustic Zen (U.S.A.),AudioSmile (U.K.),BRINKMANN (Germany),EINSTEIN (Germany),GOLDMUND (Switzerland),Harmonic Resolution Systems (U.S.A.),Helius (U.K.),KAB (U.S.A.),Richard Gray's Power Company (U.S.A.),VIVID Audio (The Republic of South Africa)

ゼファン、ステラヴォックスは 一緒に……

今回、最も長居したのが コチラのブース。

手前のAUDIO MACHINA ピュアシステムは 今回は聞かずにスルー。
後ろにある アカペラを鑑賞させて貰いました。
アカペラは、イオンツィーターで 御馴染のスピーカーですが フルレンジのスピーカーシステムを聞いたことのある方は 国内では少ないんじゃないでしょうか?
僕も 海外のショップでチロッと聞いたことがあるくらいで こんなにシッカリ聞くのは はじめてでした。

アンプ他は アインシュタインが繋がれており デモもアインシュタインのデモとして行われました。
風貌は アヴァンギャルドみたいですが 音的には こちらのほうが ずっと好みでした。
フルオケやジャズのソースをかけて欲しかったのですが こうもり(オペラ)の語りの部分とか(オーディオマニア的には解るのだけど…)期待していないものがかけられ ちょっと残念……
まぁ 面白いデモではあったんですけどね……
少なくとも アインシュタインに関しては 昨年のマシーナで感じた印象の悪さを払拭していました。

IMGP4040.jpg

左側のが AUDIO MACHINA新作のCRG
ツィーターをミッド二つで挟んだ YGのANAT上のような同軸2wayかと思いきや 3wayでした……
一気に興味を削がれました……

IMGP4041.jpg

VIVIDのG2は G1同様 いかにも~なハイエンドサウンドで 好感は持てるものの
やはり(G1ほどではないが)低域に限っては 緩さを感じてしまい いまいち好みでなかったりする……

IMGP4039.jpg

CRMとCRSのコンビ
画像右のCRSが ビビッていて ちょっと煩わしい中での試聴でしたが とりあえず 雰囲気は感じ取れました。
このサイズにして この音は かなり魅力的だと思います。
既に かなり売れているというCRMですが これで 中大型スピーカー所有者層の買い替えターゲットにもなり 今後、益々 売れるんじゃなかろうか?と思われました。
実際、僕も興味あるのですが う~ん…… これ買うなら YGのKIPODのほうが好みかな?と思うのですよね……
音も見た目も……
(中古や展示品なら KIPODのほうが既に安価ですしょうしね………)

IMGP4089.jpg

今回、話題の一つでもあったCH PRECISION
250万(DAC)とか320万(CDP)とかする かなり御高い機器。
音のほうは 正直、オーディオショウで良いとか悪いとか 判らないのですが…
結構、動作がグズで 扱いのほうはイマイチそうでした……

IMGP4045.jpg

CH PRECISIONのプレーヤーから MUNDの小さいプリ、パワーと繋いで CRM+CRSを鳴らしていました。
そういう方向で売りたいってことなのかなぁ?と ちょっと考えてしまった。
こういったスピーカーを使う人ほど スピーカー以外の部分に投資するような気がするんだけどな……

IMGP4091.jpg

去年よりは ずっと小さいけど それでも 巨大なOcean Way Monitors

IMGP4090.jpg

今年は、デモを聞きませんでしたが 今年はどうだったのだろう?
去年は、凄い音ながら 飽和し過ぎていて残念な音になっていたのを思い出します……

IMGP4044.jpg

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/177-5fda16b6

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。