スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食器とカトラリーの紹介とリンク集

最近は、洋食…… 特にフレンチを 少しづつ独学していっているので
洋食器に益々 興味が湧いていっています。
そこで 幾つか 有名な洋食器ブランドを紹介してみます。

※好みなどから 紹介するブランドには偏りがあります。

フランス

……と言えば リモージュですが
中でも コケーとベルナルドが圧倒的に好きです。
ディナーには コケー、ランチやアフタヌーンティーには ベルナルドという予定で 少しづつ地道に 集めていっています。
実際、最近 フレンチの有名店と言えば どこもかしこもコケーというイメージで 恥ずかしいくらいベタなような気もしますが
でも 世間的には (日本での入手先が非常に限られていることもあり) あんまり知名度は高く無い……と思います。

ベルナルドも なにげに日本では入手先と安定して入手出来る品が限られているので 知名度の割に使われてはいないというイメージ……

私には 欲しいと思える決定的なモデルが無かったのです むしろ アビランドやレイノーなんかのほうが 日本での展開が大きいし ホテルなどでも使われている感じなので多く入ってきている感じはします?

J.L Coquet ジャン・ルイ・コケー
http://www.jlcoquet.com/main-en.php
BERNARDAUD ベルナルド
http://www.bernardaud.fr/
HAVILAND アビランド
http://www.haviland.jp/
RAYNAUD レイノー
http://www.ercuis-raynaud.com/ANIM/HOMMAGE/anim.lasso
Philippe Deshoulieres  フィリップ・デズリエ
http://www.ph-deshoulieres.com/



ここまでは
どこまでいっても 日常使じゃなく 御客様用……
日常使いには ピリビィやアピリコあたりかな……と……
カフェっぽくしたい時は アピリコ、エレガンス路線ではピリビィが とても良いと思います。
御値段的にも 強度的にも 上記のブランドと違い ずっと日常使い向きです。(勿論、ブランド品なりの価格帯ではありますが……)

PILLIVUYT ピリビィ
http://www.pillivuytus.com/index.html
http://shop.verre.co.jp/shopbrand/005/O/
APILCO アピリコ
http://www.apilco.com/

ドイツ

マイセンとか そういう類のって 美術館で鑑賞する分には 凄く好きなんですが
どうにも実用的なものとしても 現代的な家屋に住むうえで飾っておくものとしても いまいちピンとこないのですよね……
まー 西洋磁器コレクションをしていくならば 手に取りたい品であるのは間違いないんですけどね…… そのゆとりは経済的に無いし……ってところでしょうか……

ローゼン・タールのスタジオラインは実用性が高く感じ 魅力を感じます。
マジック・フルートシリーズなんかも ゴージャスながら 結構 生活に取り入れられるんじゃないかな?と思ったりします。

割と人気の高いビレロイ&ボッホ
現代的だし 高島屋や伊勢丹なんかでも扱われているのは 非常に頷けます。
軽く使えて ワンアイテムで洒落た感じの出る御品って感じだし。
でも なんかデザインのためのデザインが過ぎている感じで 私は一歩引いてしまいます。

実用性を考えると(御値段も含め)シェーンバルドは かなり良いと思います。
ドイツモノですが フレンチなど装飾性を活かす料理にバッチリハマるタイプ。

MEISSEN マイセン
http://www.meissen-japan.co.jp/
Rosen Thal ローゼン・タール
http://www.int.rosenthal.de/
ベルリン王立磁器製陶所(KPM)
http://twwt.com/kpm-berlin/
Villeroy & Boch  ビレロイ&ボッホ
http://www.villeroy-boch.co.jp/index.html
Schonwald シェーンバルド
http://shop.verre.co.jp/shopbrand/013/O/

イタリア

とりあえず イタリアからは ジノリを…
シンプル~な白い皿をとりあえずブランドモノで探すと ウェッジウッドのホワイトコノートとジノリのベーシックホワイトか どちらかが定番で 一時、買おうかな…と思ったことはありますが 個人的な興味は その程度…
一般的には ベッキオ・ホワイトが凄く有名なベストセラー商品ですね。

Richard Ginori  ジノリ
http://richardginori.co.jp/#/home/

イギリス

イギリスモノは 特に好きなブランドがある訳じゃないのですが
ウェッジウッドは 幾つか所有しています。
ホワイトコノートやキャベンディッシュという超ド定番モノを……
比較的 こちら系の中では強度もあるし ド定番モデルは値段も高級ブランド的ではないので
結構 日常使いで普通に使っています。

ミントン、ロイヤル・アルバートは ロイヤル・ドルトン傘下

WEDGWOOD ウェッジ・ウッド
http://www.wedgwood.jp/
Royal Doulton  ロイヤル・ドルトン
http://www.royaldoulton.com/GB/Home
MINTON ミントン
http://www.royaldoulton.com/GB/Minton/
Royal Albert ロイヤルアルバート
http://www.royaldoulton.com/GB/Royal_Albert
Royal Worcester  ロイヤルウースター
http://www.parkavegifts.com/IBS/SimpleCat/Shelf/ASP/Hierarchy/010H.html
Royal Crown Derby ロイヤル・クラウン・ダービー
http://www.royalcrownderby.jp/
他にも ShelleyやSpodo等 有名な磁器ブランドがありますが割愛します。

関係ないけど うちの親なんかは 青い絵柄付きのSpodoみたいなやつが 結構、好きだったみたいなんだよね……
大掃除の時に (もう飾ることも使うことも無いでしょうということでヤフオクで)売ってしまったんだけど
Spodoやロイヤル・コペンハーゲンは 棚の奥から幾つも出てきました。

ハンガリー

HEREND ヘレンド
http://www.herend.co.jp/

デンマーク

ROYAL COPENHAGEN  ロイヤル・コペンハーゲン
http://www.royalcopenhagen.co.jp/
ロイヤル・コペンハーゲンって 毎年毎年 絵柄違いの限定品が出ていて 年度によっては なかなか いい御値段することを 先に書いた大掃除の時に知りました。
一枚、レアなのが入っていて 思わぬ高値がつきビックリしたものです。


ついでに
カトラリーブランドも (自分が買おうかな…と迷った範疇で)幾つか紹介。

まずは
実際に 集めていっているピュイフォルカ
一般的には、クリストフルやエルキューイのほうが人気高だと思うんですが 個人的に気にいったのはピュイフォルカ。
何故か?というと う~ん
コケーを選んだのと ある意味 一緒で 伝統的な技術と美的ニュアンスを兼ね備えた上で 現代的なスタイルに昇華されている品が欲しかったのですよね。

エルキューイでも良かったのですが ピュイフォルカに比べると微妙に保守的。
クリストフルにも 現代的スタイルを許容出来る品はあるのですが 求めていたものは より現代的スタイルとして完成されたものでした。

加えて ピュイフォルカとコケーは それら自身より食事を活かすデザインという方向で徹底的に洗練されている感じに惹かれたというのがありますかね?

因みに 私が選んだモデルは Silver Plated(銀メッキされた いわゆる洋白カトラリー)のCardinalというモデル。
ほぼ同一デザインで925(92.5%銀)の銀製もあるんですが 普段に使うのには かなり微妙なアレなんでメッキにしました。
つーか それでも精一杯だしw

Puiforcat ピュイフォルカ
http://www.puiforcat.com/

ERCUIS エルキューイ
http://www.ercuis-raynaud.com/ANIM/FB7/anim.lasso

Christofle クリストフル
https://www.christofle.com/


他にも 幾つか 候補はありました。

当初、保守的にクラシック路線を揃えてから モダンなのものを揃える…という段階を踏もうと思っていたんです。
(保守的な段階を踏もんでから~という癖…というか 臆病気質というのが私にはあります。)
ですが 実際、何セットも揃えるものでも無いし 何セットも揃えるほどの ゆとりも無いし……っていうのがあり
今回は、思いきって 保守的なものには手を出さないでいくことにしました。

…で
その候補から 外された保守的な品というのは↓コチラ
ホテル・リッツモデルを検討していたんですよね……

Arthur Price アーサー・プライス
http://www.arthurprice.com/page/cutlery_arthur_price_of_england

また
普段、柳宗理を使っているのですが
http://www.yanagi-support.jp/catalog/09.html

普段用に ↓あたりも検討したんですけどね……

Laguiole ラギオール  フランス製 ラギオールと言えばソムリエナイフで有名です。
http://www.jeandubost.com/couverts-couteaux/couverts-couteaux-dubost-laguiole-thiers-pradel-offre-1.cfm?rubrique=laguiole

Arne Jacobsen A.J.カトラリー 映画2001年宇宙の旅で使われていたのが有名。
http://www.webo-kobe.com/items/kitchen/jacobsen/aj_cutlery.html

ALESSI SERIE 40 アレッシーから出ている建築家のカッチャ・ドミニオーニのデザインしたカトラリー
http://item.rakuten.co.jp/nuts-alessi/c/0000000371

結局は、当面 柳宗理を使いながら もう少し 普段用については 色々模索しようと思っています。



グラスなどについても 書こうかな…と思っていましたが 長くなったので
また今度 気が向いた時にでも……
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/18-c7c03b68

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。