スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レ・ミレジム ( 玉川学園前 ) に行ってきました。

ちょっとドタバタしており 久々の外食ランチ…… 更新も久々です……
コメントレスもしておらず 申し訳ありません……


本日は、買い物がてら 成城とは反対方向へ 同じくらい(より少し)電車で向かった玉川学園前にあるレ・ミレジムというフレンチの店に行ってきました。
こちらの店は クイーン・アリスで腕を振るわれていたシェフということと ネット上で見られる美しい盛り付けから 以前より 興味のあった店で
今日 たまたま 11時半を回ってから 夫婦で時間が空き、急遽 電話をし滑り込むかたちだったので初訪問を果たした感じです。

前置きは さておき
料理の紹介に入ります。

今回 僕は、4200円のフルコース(前菜、スープ、魚料理、肉料理、デセール)を 妻は 2940円の真ん中のコース(前菜、肉料理、デセール)+スープ(600円)を注文しました。
また下に 2100円のコース(スープ、魚か肉料理、デセール)というコースもあり 上に6825円のフレンチ会席(ミレジム風会席料理)コースもあるらしい。
因みに 上のコースは、フルコース+7皿程度の構成ということです。

では まずパンから……
町田の金井町(玉川学園前から車で10分程度らしい。)にある麦畑というパン屋のものだそうですが なかなか美味しいパンでした。
http://vita.tc/shops/187

DSC00026.jpg

バターに生えているの見えますかね?(笑)

DSC00027.jpg

まずは 妻の前菜から
写真では見えませんが サーモンのサラダです。
サーモンは 脂が乗っており なかなか美味しかったです。 三種類のソース…フレンチ、サフラン、デイル(かな?)に加えて 上からチーズ(なんのチーズが失念)をかけていました。

DSC00029_20101201183504.jpg

僕の前菜は、魚介のジュレ寄せと野菜盛り。
しょっぱなから 見た目に かなり綺麗なジュレ寄せが出てきて驚きました。
味は、ジュレの風味も良く 美味しかったと思いますが もう少し素材の味が強く引き出されているか?あるいは 味を引き締めるソースが欲しかったかもしれません?
周りの野菜は、一長一短ながら 全体的には とても満足いく盛り合わせでした。 個人的には、(評判の)シェ・トモの盛り合わせより (種類は減りますが) むしろ こちらのほうが好きなくらい。

DSC00028_20101201183438.jpg

僕のスープは 真っ赤な蕪のスープ。
見た目では味が解らないと思いますが チキンコンソメスープのような お味です。
蕪の食感が相まって なかなか美味しいスープでした。

DSC00031.jpg

妻のほうは蟹肉と魚介?のジュレ入りのコーンポタージュ。
おそらく とても人気のあるメニューということなので 年間通して出されているのが理由かと思われますが この時期なのに冷製。
滑らかで とても美味しく 幾らでも入りそうなほどなのですが やはり 時期的には温製のほうが良かったのでは?と思いました。

DSC00032.jpg

僕のメイン一品目 スズキのポワレ。ソースは ヴァン・ブラン
シッカリと良く出来たポワレ。 もう一寸 皮がパリッとしていれば理想だったかな?
ソースは、今回、一番 印象に残った お味。

DSC00034.jpg

妻のメインは、肉料理のみで 鴨のロースト。
三種類のソースにリンゴソースのエスプーマ(泡)
火入れは、割とシッカリ入っています。 入り過ぎてはいませんが 個人的には もう一寸浅い火入れが好み。

DSC00035.jpg

僕のメイン。 蝦夷鹿とフォアグラのロースト
後で 横から撮っておけば良かったな…と思ったのですが こちら 厚さ6,7cmはあろうか?という たけのこ芋に厚さ3cm程度の鹿肉とフォアグラ、野菜が竹串で縦に貫かれ盛られているという かなり上背のある一皿。
こちらも二種ソースに加え リンゴソースのエスプーマがかけられています。

普通に美味しくはありましたが ややパンチに欠け ややボケ気味か?
良く言えば、品の良い味なのですが 悪く言えば 印象の弱い味…… もう少し濃密で引き締まった味が欲しかったかもしれません?


妻のサーモンサラダ、若干インパクトは弱い味ながら 美味しかった魚介のジュレ寄せ、シッカリとした味の魚のメインと…
魚料理が全般的に良かったので 次回は 肉より魚…という意識が生じてしまいましたね…… 少々、残念。

DSC00036_20101201183647.jpg

デセールは 想像以上のものが出てきました。
2100円のコースでも このデセールが付くというのだから驚き……
尋ねたところ、シェフの奥様がパティシエで デセールは シェフとの合作らしいです。

さて まず僕は、モンブラン。
下のは サクサクのメレンゲ、モンブラン下層はアイスが内部にあります。
今年は、かなりモンブランを食べていますが 上位に位置するモンブランです。

DSC00039_20101201183703.jpg

妻は プリンを中心としたティラミス(左)やイチジクアイス等の盛り合わせ。

DSC00040_20101201183716.jpg

最後に ハーブティーを薦められ頂きました。
レモングラス、レモンバーム、ミントに葡萄(マスカット)の入ったハーブティー。
薫り豊かで とても美味しかったです。

DSC00042_20101201183729.jpg

一軒家フレンチで (おそらく全室)個室での食事になりますが 過不足の無いサーブで とても快適な昼食を頂けました。
今回 頂いた食事に関しては 若干 好みからすると 物足りなく感じさせられる品(肉料理)もあり
また (華やかに盛りつけられた見た目に反し) 『手の込んだ料理』ではなく 『機能的に手慣れた料理』を出されている…という印象もあり(デセールは除く)
はじめての店ではあるのですが なんとなく 新鮮さや緊張感を感じられなかった部分もありました。

ちょっと表現が難しいのですが……
良くも悪くも 大手の一流レストラン(ホテルに入っているような…)的な型にハマった料理という印象が 少なからず感じられた……という感じでしょうか?
(勿論、そういったレストランよりは 個人店だけあって シェフの顔が見える料理ではありますが…)


因みに 次回 再訪するならば パンの おかわりもありましたので フルコースではなく小さいコースを選ぶでしょう?
2100円、2940円のコースでも充分かと思われます。
スープと前菜の充実度からしたら 2940円+600円のスープが 一番、旨味があるように思えますが
700円追加で肉料理が付くし そこまで手を伸ばすと 結局、フルコースに手を出してしまう気もするので 微妙なところなんですよね……
なので 2100円か2940円のコースで お気軽モード……で ちょくちょく通い アレコレ試すが一番 幸せになれる気もします?


なにはともあれ 久しぶりの充実ランチでした。
御馳走様でした。

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/189-5decc02e

Comment

Mia

モンブラン美味しそうですね~

ハーブティーいいな~~!
私も今から飲もうかな!!!!w
  • URL
  • 2010/12/02 15:13

nao

Miaさん

スイーツ好きには たまらないデザートでした。
モンブラン美味しかったです。

ハーブティーも 薦められて頂きましたが なかなかでした。
  • URL
  • 2010/12/02 15:45

桃咲マルク

ご無沙汰しています!!
お忙しいかと思っていましたが・・・。
とはいえ、実は何か自分の知らない間に傷つくことを書いてしまったかな??と内心思っていまいした(:^^)
このランチすごく充実していますね!
あのジュレはすごく透明で美しすぎる!
お魚が充実しているのですね!
奥様のコースならなんとか食べれる値段かもしれません(;^^)
そういえば、naoさんのデザートにモンブランよく登場しますね(^^)
私もモンブランは洋栗の茶色い方が好きです!
実はうちの店は黄色い和栗のモンブランを売っています!中が洋栗のムースですが・・・。
王道ですね!モンブラン!そしてティラミスもお店で今でも売っています!最近あまり売ってないですよね!子供はティラミスが好きで、誕生日はティラミスのデコを頼むんです(:^^)

あ・・・あの赤蕪のスープがかなり気になりました!
  • URL
  • 2010/12/02 20:44

nao

桃咲マルクさん

年末なので なにかと整理するものが多く ちょっとドタバタしておりました…

いやいや 傷つくことなんて(笑)

僕も、もう30代半ばも過ぎたアレですから……
対人で傷ついて落ち込んだりは 随分と鈍感になってしまい無くなっちゃいましたね(笑)

このランチは、住宅街ランチというのもあるのでしょうが 非常にコストパフォーマンスが良く充実度は高いと思いました。

そうなんです。
モンブラン贔屓なので 見つけると 大概は注文しちゃうんです(笑)
黄色いモンブランも好きですね。
こういった凝ったのは やはり一期一会というもので 日常で頻繁に食べるものではないと思うので
お店で買う際には 黄色いモンブランはじめ やはりオーソドクスなタイプのものが選ばれると思いますし 僕も そうしています。

ティラミスは、最近、ケーキ屋だと見かけなくなってきましたね。
レストランでは イタリアンの場合 今でも大概は出てきますが 僕は 元々、ティラミスを食べなかったほうなので 御無沙汰ですね。

赤蕪のスープ
口の中が真っ赤になりそうな見た目ですが 味は割とオーソドクスなコンソメ調でした。
勿論、美味しかったです。
  • URL
  • 2010/12/03 02:09

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。