スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオ・ヌッチ バリトン リサイタル 2010年12月6日 東京オペラシティコンサートホール

レオ・ヌッチ バリトン リサイタル
2010年12月6日
東京オペラシティコンサートホール

ヌッチ久々(チューリッヒの椿姫以来)の来日。
単純に 生で“悪魔め、鬼め”(リゴレット) が聴きたくて行ったのですが 曲変更で“ユダヤの神よ”(ナブッコ)まで聴けてしまい
あげくに アンコールで ジェラールのアリア“祖国の敵”(アンドレア・シェニエ)まで聴けてしまい なんとも(個人的には)美味しい内容のリサイタルでした。
勿論、それらが良かっただけではなく “私は町の何でも屋”(セビリャの理髪師)も相変わらず愉しかったし ヴェルディモノは言うまでも無く 全体的に凄く充実した内容でした。

余談ですが、コンサートは 終始 盛り上がったものでしたが
特に、後半に入ると立ちあがってしまう人もチラホラ アンコールに入ると次々と立つは 曲を歌い終わるごとにブラボーとビスの声の嵐
拍手も喝采も鳴り止む気配 全く無し……
最後の最後は、客を交え オー・ソレ・ミオ を歌い 興奮の中 リサイタルは終了……と 本当に 凄い大盛況。

流石、貫禄の内容でしたね……
いやぁ 本当 愉しいコンサートでした。


前半

●トスティ
君なんかもう
●ヴェルディ
乾杯
●レオンカヴァッロ
4月
○ピアノ・ソロ
プッチーニ
「マノン・レスコー」間奏曲
●ベッリーニ
清教徒“ああ、永遠におまえを失ってしまった”
○ピアノ・ソロ
ロッシーニ
「老年のいたずら」第9巻から
「私の最後の度のための思い出と行進曲」
●ロッシーニ
セビリャの理髪師“私は町の何でも屋”

後半

●ヴェルディ
ドン・カルロ“終わりの日は来た”
●ヴェルディ
仮面舞踏会“お前こそ魂を汚すもの”
○ピアノ・ソロ
ドーン
「イル・トロヴァトーレ」のファンタジア
●ヴェルディ
ナブッコ“ユダヤの神よ”
●ヴェルディ
ラ・トラヴィアータ“プロヴァンスの海と陸”
○ピアノ・ソロ
スミス
「ラ・トラヴィアータ」の華麗なるファンタジア
●ヴェルディ
リゴレット“悪魔め、鬼め”

アンコール

●ヴェルディ
シチリアの晩鐘“富を腕にして”
●デ・クルティス
夜の声
●ジョルダーノ
アンドレア・シェニエ“祖国の敵”
●ディ・カプア
オー・ソレ・ミオ

バリトン:レオ・ヌッチ
ピアノ:パオロ・バッラリン
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/191-c376640a

Comment

AKI

凄いですね~!!
ブラボーの嵐にスタンディングオベーシション・・・最後に観客を交えて歌っちゃうなんて素晴らしい!!!良いなあ。。。
ブラボーって私なかなか言えないのですが・・・
そんな大きい声出ないし(笑)
思わず言っちゃう人の気持ちわかります。

私の知らない曲ばかりですが素敵なコンサートで良かったですね。全幕も良いですけど、色々な曲を聴けたり、ガラみたいなコンサートって美味しいとこ取りで、良いですよね!!
  • URL
  • 2010/12/08 00:20

nao

AKIさん

今回は、本当に盛り上がったコンサートで愉しかったです。

僕も ブラボー経験はありません。
なんか恥ずかしいのですよね(笑)
でも 声に思わず出しちゃう気持ちは よく分かりますし
自分も 声に出したいなって時はありますね!

そうですね。
ガラみたいに色々な曲を楽しむというのも
通し舞台を楽しむのと また違った良さがありますよね!?
  • URL
  • 2010/12/08 02:40

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。