スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タテル・ヨシノ tateru yoshino 芝 ( 御成門、大門 ) に行ってきた。

新年 最初の外食ディナーとなったのは 今年、ミシュラン二つ星に昇格したタテル・ヨシノの芝店の 『二つ星 記念特別メニュー(15000円)』
年内の特別メニューと聞いていましたが 滑り込みで食べることが出来ました。

この特別メニューは ホームページのメニューページ動画で見られる品々を中心に組まれているメニューであり
尚且つ 先日 ゴチスペシャルで紹介されたメニュー等も含まれているため (更に 付け加えると シェフの得意とする この時期ならではのジビエ料理も多く) なかなか 面白みのあるコースでした。
(銀座店で ゴチ特別メニューをやっていたようですが ざっと見た感じ 今回、頂いたメニューのほうが 個人的には 好ましかったです。)

では どんなメニューだったか紹介します。


アヴァン・アミューズ(だよね?)
フカフカしていて 友人は評価していましたが 個人的には ちょいモソで これといった味のものでもなく いまいち
DSC00303.jpg

パンは このバケットも この後に出てきたフォカッチョも 結構、美味しかったと思います。
DSC00304.jpg

アミューズ・ブーシュ
赤と白と黒の四角い美食家風
これポスターにも載っていたメニューですが 小品ながら 外観、風味、香りとインパクトのある とっても面白い一品。
DSC00306.jpg

アントレ
仔ヤギのカルパッチョ
画像は失念……
山羊とはいっても臭みはなく 上質な生ハムのような感じで とても美味しかったです。

スープ
キジのブイヨン仕立て 腿肉のキャベツ包みとクネル
具材一つ一つが シッカリと調理され 極めて小粒ながら印象的な品が 散りばめられた娯楽性の高い皿だったと思います。
特に 腿肉のキャベツ包みとクネルは 旨味が凝縮されており絶品。
DSC00307.jpg

アントレ2
ジビエのパテ・アン・クルート ステラマリス風
軽さと重さのバランスが絶妙な実に深みのある味の一品。
DSC00308.jpg

ポワソン
軽いアンチョビの香りに包まれた甘鯛のうろこ焼き キャベツとジャガイモのエクラゼとトリュフのうろこ見立て 柑橘のブルーブラン
かなり大物の甘鯛を使っているようで鱗が たまに我が家の食卓に並ぶ甘鯛とは大違い。
柑橘風味の押しが強いソースで 軽いながら薄くならない感じのバランスがよいと思った。
そして甘鯛以上に 脇の”キャベツとジャガイモのエクラゼとトリュフのうろこ見立て 柑橘のブルーブラン”が絶品。
脇にありながら 主役を食ってしまう出来。 美味しかったです。
DSC00311.jpg

ヴィヤンド
ジビエのトゥールト
こちらの料理、リエーブル・ア・ラ・ロワイヤルというタテル・ヨシノ氏が 2000年にフランスでジビエ料理の最優秀賞を取った ウサギ料理の前身になる料理と説明して頂きました。
(リエーブル・ア・ラ・ロワイヤル自体は 良い兎が入り辛いので日本ではやらないらしい…という話もして頂きました。)

二人から注文可能ということで 友人と一緒に注文。
ジビエらしい濃厚さを持ちながら とても上品な味に仕上がっているバランス感覚は凄い。
好みの問題は さておいて 良いものを食べさせて頂きました……という感じ。
DSC00313.jpg

もう一方の友人が頼んだヴィヤンド
森鳩のロースト サルミソース
こちらは 純粋に美味しい鳩料理。 やはりジビエ臭さは強いのですが仕上がりは上品。
ただ 個人的には もう少し浅い火入れのほうが好みではありました。
DSC00315.jpg

フロマージュ(チーズ)は 今回 飲んでいないため パスすることに……

アヴァン・デセール
これまた小粒ながら 散りばめられた様々な味が交錯する娯楽性の高い品。
友人は 大人のデザートと言っていましたが 確かに これは大人のための粋な遊び心を持ったデザートだと思いました。
DSC00316.jpg

デセール
パンぺルデュにトリュフをあわせて セップ茸のアイスクリーム
もしかしたら 純粋に美味しいという意味では これが一番だったかな?
セップの香りが また良くて 堪らない一品でした。
DSC00317.jpg

ハーブティー
コーヒー、紅茶なども選べましたが 最近、ハーブティーの当たりが多いので ハーブティーをチョイス。
今回も大あたり。 美味しかったので お土産でティーバックを頂いて(買って)帰りました。
DSC00318.jpg

プティフール(カフェ・ウテ 小菓子)
こちらは 普通な感じ。
DSC00319.jpg

全体的に 強烈に美味しかった!という感じではないのですが
流石 二つ星という洗練されたスタイル、上質な料理の数々で 時間が経って振りかえるほど 『あ~ 本当に良く出来た料理だったな……』と思い返されます。

ただ 同じ二つ星のフレンチとして ガニエールやトロワグロと比較した場合
料理の向こうに見えるシェフのカリスマ性みたいなものは 若干 弱く 並べてしまうと ”もしかしたら 一番、美味しいのかもしれない”のに 上に位置付けられない…… そんな印象は少なからずあり 引っ掛かるところではありました。

(追加)
僕の経験値が少なく インパクトの強いほうに 現状、強く惹かれがちな面がある……という未熟さが この引っ掛かりという意識を生じさせる原因だと思いますので
経験を増やしたら また再訪させて頂きたいと思います。



関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/223-e58def39

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。