スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリスタンとイゾルデ 新国立劇場 2011年1月4日(火)

2011年1月4日(火)
新国立劇場
トリスタンとイゾルデ
ワーグナー作曲

トリスタン:ステファン・グールド
イゾルデ:イレーネ・テオリン
マルケ王:ギド・イェンティンス
クルヴェナール:ユッカ・ラジライネン
ブランゲーネ:エレナ・ツィトコーワ
メロート:星野淳
牧童:望月哲也
舵取り:成田博之
船乗り:吉田浩之

新国立劇場合唱団
東京フィルハーモニー交響楽団
指揮:大野和士
演出:デイヴィッド・マクヴィカー

==============================================

新年一発目のコンサート

感想を一言で言えば、不完全燃焼……

大野の指揮は 良かったと思います。
彼のスタイルが好みか?と言えば そうでもないし (今回、最も問題と感じた)オケが まったく着いてきていなかったので 仕上がりは決して良くなかったのですけどね……
少なくとも 今迄 聞いてきた(音源や映像での)彼の指揮する演奏より 興味深いものでした。
(正直、彼の音源や映像で良い印象をもったことが あまり無かったんです……
特にグラインドボーンのヘンゼルとグレーテルでは 期待していたものと 大分 違ったため 今回も不安だったのですよね……)

歌手に関しては まぁ テオリンとグールドが 中ではマシか?という具合になると思うのですが
今回、(演出上のものと… おそらく 彼女のスタイル的なものも含められた)テオリンの表現していたイゾルデは 基本的に共感出来ず
ニ幕中盤以降は 高域の癖が どうしても気になってしまい 好ましくなかった感じ。
グールドは、声量など立派ですが こと表現に関しては どうかな……と……
一幕では どうにも上っ面っぽく、ニ幕は デリカシーに欠け、三幕は 表面的にばかり体当たりで 心情の吐露という意味では 非常に軽い……
ラジライネンは 序盤 とりあえず歌っているという程度… 三幕は ずっと良かったのですが それでも彼の性質が活かされた演出でもなく 冴えたところは最後までありませんでした。
ツィトコーワも 声は出ていたけど ブランゲーネという人物像が まったく見えてこない……
イェンティンスは もう一声でマルケをやるには 声が貧弱…… それに お爺ちゃんすぎ……(それは演出のせいだけど……)

期待していたマクヴィカーの演出も 彼っぽさが感じられたのは 舞台の表面的な美しさと 兵士達が退場する際の振り子みたいな動きくらいなものか?
いや… それだけではないんだけど らしく動けていなかったことも含め マクヴィカーにしては かなり粗末な印象を受けました。
更に 仕上がりが粗末であったことを除いても 今回の象徴主義的演出が良かったのか?というと 凄い微妙で
いっそ 演劇性の強い写実的演出を緻密に組んで貰った方が こんな半端で伝わり辛い(というか、これといった伝えるものは無かった?)演出をされるよりは良かったんじゃないか?と思えたりもしました。

そんな訳で
そこそこの期待をもって 鑑賞に行ったコンサートとしては 不完全燃焼となってしまいました……

折角、今回は 最前列で観たのになぁ…… とっても残念な感じ……



追記

書き忘れていたことを……
僕の位置からは 目視出来なかったのですが 本日は、皇太子殿下が観劇されていたようです。
テレビクルーが かなり入っていたので 何事かな?と思っていたら そういうことでした。
新国立劇場の場合は 二階バルコニーが使われるものとばかり思っていたのですが(Bunkamuraでは 二階バルコニーの二列並びになるところで観劇をされていたので……)
一階 後方座席中央一列を(SPの方含め)取っていらっしゃいました。


関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/226-1eff6600

Comment

dezire

初めて訪問させていただきます。
興味ある内容の記事を多く書かれているのに心ひかれて書き込みさせて頂きました。詳しいご説明、大変勉強になりました。ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」は、ずっと新国立劇場での上演を待っていたので、記事を読みながらなるほどと思いながら舞台を思い出していました。イゾルデもトリスタンもあまりおきに召さなかったようですが、かなりレベルの高い舞台に慣れておられるようですね。私は声楽に関してはあまり知識がないこともあり、まあ満足できました。
私もブログに「トリスタンとイゾルデ」の感想やワーグナーの音楽について書きましたので、ぜひ読んでみてください。
http://desireart.exblog.jp/11874692/
見識ある貴方様にご意見などをブログにコメントを書き込んでくださると感謝致します。

nao

dezireさん

はじめてではありませんが……
とりあえず

決して そこまで僕は見識があるわけではなく
経験も まだまだ少なく未熟ですが
正直、今回の舞台は 残念ながら そこまで愉しめませんでした。

dezireさんが 満足し楽しまれたのならば なによりだと思います。

  • URL
  • 2011/01/11 05:49

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。