スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椿姫 ヴェルディ 新国立劇場 2月17日(木曜日)

椿姫
ジュゼッペ・ヴェルディ作曲

新国立劇場 2月17日(木曜日)

ヴィオレッタ:パトリツィア・チョーフィ
アルフレード:ウーキュン・キム
ジェルモン:ルチオ・ガッロ
フローラ:小野和歌子
ガストン子爵:樋口達哉
ドゥフォール男爵:小林由樹
ドビニー侯爵:東原貞彦
医師グランヴィル:鹿野由之
アンニーナ:渡辺敦子

指 揮:広上淳一
演 出:ルーカ・ロンコーニ
装 置:マルゲリータ・パッリ
衣 裳:カルロ・マリア・ディアッピ
照 明:セルジオ・ロッシ

合 唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京交響楽団

演出は ロンコー二のものが引き続き。 悪くはありませんが とても定番な上に過去にも観ているため あまり面白みは感じませんでした……。
広上の指揮は 前評判から厳しいものがあり 終演後 ブーも出ていましたが 私見では 良くはないまでも そこまで厳しいものとは感じませんでした。
歌手では やはりチョーフィーが圧倒的。
調子自体は あまり良さそうではなかったのですが それでも 随所でドキッとする美しい声、フレージングがあり
演技面でも 惹かれる部分が 多くありました。
アルフレード役のウーキュン・キムは、綺麗な声止まり。 ここぞというところで欲しい声は出てこないし非常に微妙……
また 他歌手との絡みで対話的歌唱に欠けていて 舞台的には面白くない歌でした。
ガッロは、終始 彼の個性が出てこず無難止まり。
元々、チョーフィを聴きに行く(観に行く)つもりの公演だったので とりあえず不満はありませんけど あまり面白い公演とは言えなかったように思います。

昨日は、映像を撮っていましたので もしかしたら 芸術劇場で放映されるかもしれません?

舞台とは関係ありませんが
開演まで ちょっと時間があったので ↓を食べてみました。 お腹は膨れませんが サンドイッチよりは こっちのほうが好みかも?

DSC00724.jpg
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/283-1b5d776c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。