スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サロメ コンヴィチュニー演出 二期会 東京文化会館 2月23日(水)

サロメ
作曲:リヒャルト・シュトラウス
二期会 東京文化会館 2月23日(水)

サロメ:大隅智佳子
ヘロデ:片寄純也
ヘロディアス:山下牧子
ヨカナーン:友清 崇
ナラボート:大川信之
ヘロディアスの小姓:田村由貴絵
ユダヤ人1:田正人
ユダヤ人2:菅野 敦
ユダヤ人3:新津耕平
ユダヤ人4:加茂下 稔
ユダヤ人5:畠山 茂
ナザレ人1:北川辰彦
ナザレ人2:櫻井 淳
兵士1:井上雅人
兵士2:倉本晋児
カッパドキア人:千葉裕一

管弦楽:東京都交響楽団

指揮:シュテファン・ゾルテス
演出:ペーター・コンヴィチュニー

舞台美術・衣裳:ヨハネス・ライアカー
照明:マンフレット・フォス
演出助手:ロッテ・デ・ビール、澤田康子、太田麻衣子

2009年 ネーデルランドで上演され話題になったコンヴィチュニー演出によるサロメを観に行ってきました。



とりあえず 手短に 一言二言……

Bunkamuraで観た (同じくコンヴィチュニーによる演出の)アイーダが思い出されました。
(勿論、それだけでは ありませんでしたが……)

色々な意味で とてもコンヴィチュニーらしい演出ではありましたが……
それ故に……
相変わらずの面白さは健在でしたが 同時に 毎度 お馴染みの~延長線上演出で 新たな感動は得られませんでした。
また 当時の衝撃以上の衝撃を現代に……というほどの何かも感じられず ちょっと期待外れ……。
(…というか……そもそもに 薬物摂取、強姦(今回は、食人行為、同性による輪姦もありましたが……)というネタは 彼の場合 毎度だし
最後の客席から言わせる演出も…… ~からの解放や逃避っていうのも っていうのも 彼の演出的には 全く目新しくないですしね…)

歌手陣は、まず サロメ役の大隅が圧倒的に良かったです。
期待していた山下のへロディアスは なかなか良かったと思うのですが ちょっと期待のほうが大き過ぎた感じ……
ヘロデ役の片寄は 雰囲気は出ていましたが 好みではなかったです。
演奏も歌も 全体的に よく仕上がっていたとは思うし 実際、大きな不満は無かったのですが
それでも、演出とのバランスを考えてしまうと 物足りなさは感じてしまったところではあります。
(上に添付した映像と比べてしまうと {短い中ですら} やっぱり 随分 表現的に違うし ニュアンスも違って見えるものね……)

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/291-612c95ea

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。