スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LE THIERS(ティエール) の ステーキナイフ 水牛ホーン仕様

楽しみにしていた ステーキナイフが (フランスから)届きました。

フランス料理で お馴染みのステーキナイフと言えば ラギオール(LAGUIOLE)ですが
ラギオールのナイフは ナイフ生産に於いて500年以上の歴史を持つティエール市にて生産されています。
(ラギオール村にも 工場はあるらしいのですが パーツの制作等 殆ど工程は ティエール市の工場で行われます。)
そして 市の名前を冠したブランドも存在し それが このナイフ↓『LE THIERS(ティエール)』です。

DSC00886.jpg

デザインは、ラギオールのナイフと よく似ているのですが
ティエールのナイフは、ラギールほど 丸みは帯びておらず より男性的な印象。
ラギオールのトレードマークである蜂の代わりにティエールでは チューダー様式の建築物が彫られています。
個人的には そういったデザイン性が ラギオール以上に気に入りました。
(どこでも見かける ラギオールと違い マイノリティなところも 好いな……と……)

DSC00888.jpg

購入は 直接 フランスの通販サイトを利用したのですが 英語が通じ 連絡等 素早く丁寧で 梱包も完璧と 取り引きは 非常に快適なものでした。

元々、日本では買えないモデル(ブロンドカラーの 水牛ホーンをグリップに用いたモデル)ですが 値段も 送料込みで 367ユーロ 1本あたり61ユーロ程度と予定より随分と安価に入手することが出来ました。(同クラスのラギオールだと 国内流通価格が 1本14000円程度します。)

DSC00889.jpg

やっと コンサートと外食が落ち着き
2週間くらい 予定が無し!(あくまで 遊びの予定が無いってだけですが……)
このナイフを使って 肉を沢山 食べますかね(笑)

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/293-29ee5e18

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。