スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビストロ・ジュイエー (Bistro Juillet) 大塚 に行ってきた。

本日は、新宿に行く予定があったので 新宿から山手線で 少し行ったビストロ・ジュイエーに行ってきました。

僕は、オードブル、スープ、魚料理、メイン料理、デザート、紅茶の Cコース(3900円 オードブル+900、魚料理+900円、メイン料理+1000円 の計6700円)
妻は、オードブル、スープ、メイン料理、デザート、紅茶の Bコース(3100円 オードブル+600円 の計3700円)
を頂きました。

まずは 僕のコースから紹介します。


食事の前に パンに挟まれた豚のリエットとチョリソが出されました。


DSC01183.jpg

パンは 焼き立てのもの。
中はフカフカで 外はパリッとした美味しいパンでした。

DSC01188.jpg


フォワグラのソテー、リゾット添え、モリ-ユ茸のソース (+900円)
こちらの店では かなりフォアグラの種類が豊富ですが モリーユ茸のソースに惹かれて こちらを選びました。
茸の風味とフォアグラが物凄く濃厚なリゾットで とても美味しかったです。

DSC01184.jpg

本日のスープ
ホッとする系の味。 濃厚な料理に挟まれて 丁度良かったです。 

DSC01190.jpg

アカザ海老、帆立貝柱、雲丹のキャベツ包み焼き (+1000円)
こちらは アメリケーヌソースのかかった一品。

DSC01192.jpg

中身は ↓こんな感じ。
ソースに負けないくらい 濃厚な海老と雲丹。 帆立も適度な火入れで 妻も絶賛していました。

DSC01193.jpg

ハンガリーの国宝“マンガリッツァ豚ロースの炭火ロースト” 赤ワインソース (+1000円)
食べる国宝と言われる 巻き毛の豚。
スッキリとした赤ワインソースで 豚の旨味を堪能出来ました。 添えてあるのは トランペット茸とアワビ茸。

DSC01195.jpg

メインには ラタトゥイユとオリーブオイル風味のサラダが供されました。

DSC01197.jpg

こちらがサラダ。

DSC01198.jpg

桜のプリン、ピンクグレープフルーツのアイス

DSC01199.jpg

別々に食べても美味しいですが 一緒に口に入れても美味しいデザート。
バニラビーンズも たっぷり入っていて香り豊か。

DSC01202.jpg

紅茶

DSC01203.jpg

妻のコース (リエット、パン、スープ、紅茶は 一緒です。)

フォワグラと黒豚の昔ながらのグルメなテリーヌ (+600円)
妻 曰く 本日 一番のアタリ。

DSC01187.jpg

仔牛のタンの柔らか煮、味噌入りモッツァレラチーズのグラタン仕立て
かなり柔らかく 且つ しっとりとした仕上がりのタン。 こちらも妻は かなり気に入ったようで 作り方を尋ねていました。

DSC01196.jpg

柚子のブランマンジェ

DSC01200.jpg

本日も 全皿外れ無しの食事で大満足…… 腹具合も苦しいくら満腹に(笑)
噂には 聞いていましたが このコストパフォーマンスには驚き……
今回 頂いたメニュー以外でも 食べてみたいものが沢山ありましたので そう遠くない内に 再訪 させて頂きたいと思います。

御馳走様でした。



関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/351-9dea7185

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。