スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲルギエフ初ワーグナー録音

398.jpg

ゲルギエフが 初となるワーグナーの録音を行いました。
演目は、パルジファル。
オケは、手兵であるマリインスキー劇場管弦楽団

ここ数年 ゲルギー音源は LSOとのマーラーシリーズが かなりの話題っていて
オーディオファイルの中でも 音場表現がキモとなって 結構 話題になったものですが…
マリインスキーとの音源も ボチボチは出ていて オペラの音源はマリインスキーで出されていました。
また マリインスキーはオペラの公演で 世界各地を回っており、ここ数年 来日公演に関しても 毎年に近いペースで行われていますので
(2011年2月にも トゥーランドット、影のない女、ワーグナーオペラ序曲集+パルジファル三幕他を演奏しに来日します。)
ゲルギーとマリインスキーの関係は、未だ とても良好であることが伺えます。

2011マリインスキー来日公演情報公式サイト
http://www.japanarts.co.jp/html/2011/opera/mariinsky/

音源のキャストは以下のとおり
パルジファル:ゲイリー・リーマン(テノール)
クンドリー:ヴィオレッタ・ウルマーナ(ソプラノ)
グルネマンツ:ルネ・パーペ(バス)
アンフォルタス:エフゲニー・ニキーチン(バリトン)
ティトゥレル:アレクセイ・タノヴィツキー(バス)
クリングゾル:ニコライ・プチーリン(バリトン)、他
マリインスキー劇場管弦楽団&合唱団
ワレリー・ゲルギエフ(指揮)

ウルマーナとパーぺという当代きってのワーグナー歌いもキャスティングされています。

個人的には 結構 楽しみな音源ではありますが
パルジファルという曲は、なかなか特殊な音楽であること……
ゲルギーの最近の音源は、ことの他 鳴らすのに システムや環境に左右されることなどがあり
万人が楽しめるような音源ではないことを とりあえず付け加えておこうと思います。




関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/36-a6632721

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。