スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピエール・ガニェール再訪 (六本木一丁目) その①

本日は、妻と友人の三人で
ピエール・ガ二ェール氏の来日に合わせ 久々に氏のランチを頂きに行ってきました。

頂いたコースは 三人揃って Le Gourmet…(10000円) という ランチの中では 一番 皿数の多いコース……
構成以上に 多皿のコースですので 今回も 紹介は 分割してアップしたいと思います。

前回のガ二ェール訪問備忘録→→→http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-174.html

まずは 細いシナモンスティックが テーブルに……

DSC01362.jpg

そして アヴァン・アミューズが運ばれてきます。 前回とは 違うアヴァン・アミューズになっていました。

DSC01366.jpg

一番、面白かったのは右から二番目 マシュマロのようなものですが 低面にカレーパウダーのようなものが付けられており 不思議なバランスの味。

DSC01363.jpg

左端の飴と その隣のツナ?のようなものは あまり好みではありませんでした。 ツナは 少々生臭みが気になりました。

DSC01365.jpg

三種類のパンが 器に置かれます。 全て少しづつ頂きましたが いづれも美味しかったです。

DSC01367.jpg

パン・ド・カンパーニュは 今回、パス。 食べた妻曰く 美味しかったとのこと。

DSC01368.jpg

バターは 非常にサッパリしたものでした。

DSC01369.jpg

Cocktail de poche
毎度 お馴染み 五皿構成のアミューズ

DSC01377.jpg

グリンピースのヴルーテ、イカとチョリソーを添えて
こちらから順に時計まわりで…と推奨されましたので そのように頂きました。
それぞれの食材が描く重奏が面白く 中でも 特にチョリソーの味の深みと、ミョウガの清涼感のバランスが絶妙でした。

DSC01373.jpg

帆立貝のサルピコン、ポルト酒風味のブイヨンと共に
濃厚なブイヨンに 帆立の旨味が合わさり インパクトの強い一皿。

DSC01372.jpg

トマトのアイスクリームに、黒オリーブのチップスを添えて
濃厚なトマトスープをアイスクリームにしたような味。 黒オリーブとの相性も最高。
一皿目のアミューズから かなり密度の高い味ですが 進むごとに 一層 密度の高い味に……

DSC01375.jpg

蟹のマリネとフレッシュハーブの香るクスクス
蟹の旨味は とても濃いのですが 酸味のあるマリネで
上に乗ったトウモロコシのピュレから作ったチップスの食感等も含め 軽く爽やかな方向へ…

DSC01374.jpg

黒米のムースとレンモンコンフィ、アールグレイのジュレ、グリエした鶏胸肉を添えて
アールグレイのジュレによる 口直し的な印象が強かったです。

DSC01376.jpg

ピエール・ガニェール再訪 (六本木一丁目) その②
→→→http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-371.html
ピエール・ガニェール再訪 (六本木一丁目) その③
→→→http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-372.html
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/370-eda3857c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。