スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピエール・ガニェール再訪 (六本木一丁目) その③

引き続きデセール攻めを……

アヴァン・デセール

DSC01391.jpg

四皿構成のデセール

DSC01394.jpg

様々な味と触感を愉しめるだけでなく
紫のものは 下層にアイスが仕込まれており 温度差にも変化が付けられています。

DSC01392.jpg

かなり濃厚なチョコレートの味。 こちらも三層の触感の主役に 二種類のチョコソースと ゼリー状のもの…と食感の変化がつけられた皿。

DSC01397.jpg

脇に もう一つ チョコレートの小品。

DSC01396.jpg

炭酸弾ける泡のソースに 薄切りされたメロン
口直し的清涼感と 泡のニュアンスと淡い甘みと酸味の組み合わせからくる余韻を感じさせる品……

DSC01393_20110514140655.jpg

最後の最後に紅茶と小菓子を……
なにげに このチョコも美味しい。

DSC01399.jpg

今回も… いや 前回以上に素晴らしい料理の数々と構成でした。
ランチとして そう安くはないものではありますが 唯一無二のスタイルで これだけの満足感が得られるのであれば
個人的には 破格と感じられました。
是非とも また シェフの来日時には 伺わせて頂きたいと思います。

本当に愉しかったです。
ごちそうさまでした。


ピエール・ガニェール再訪 (六本木一丁目) その①
→→→http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-370.html
ピエール・ガニェール再訪 (六本木一丁目) その②
→→→http://frontrowseat.blog130.fc2.com/blog-entry-371.html
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/372-b08ba1fc

Comment

桃咲マルク

こんにちは!

沢山の写真ですね!
10000円のコースなので沢山の種類が出てきたのですね。
写真が多いので内容は割愛・・と書いてあったのでこれで完成ですね(笑)
とてもこちらも、前回のお店と同様お洒落ですね!
さらに・・と言うか。
やはり、普通ではない盛り付けや演出もあるように思えました。トマトのアイスに黒トリュフチップ?が気になりました。カルダモンの香る白アスパラも・・・カルダモンは甘い香りでよくデザートに使うので、どんな感じだろうか?と思いました。
ラングスティーヌのロースト、このパプリカを纏った緑アスパラガスの穂先・・・て言うのも美味しそうな1品ですね(^-^)

こちら記事はスイーツですね?デセール??がわかりませんが・・。
何かは想像しか出来ませんが、紫のはカシスかラズべりー?かですかね・・??
音符のケーキが可愛いですね!
3つの記事を見させていただきましたが、楽しみにされていたのでとてもよい内容だったのではないでしょうか?(笑)

  • URL
  • 2011/05/13 09:56

nao

桃咲マルク

内容は割愛ではなく 分割です……
もう少し加筆はしようかと思います。

コースのほうは かなり 充実した料理内容で 10000円という 高額に入るランチの価格帯にしても
割安と感じさせるものでした。
特に皿数などより その料理の完成度や表現力に価値を見いだせるもので 過去の外食経験中でもトップクラスの満足度を得られました。

トマトのアイスにささっていたのは 黒オリーブのチップですね。
なかなか相性の良い組み合わせでしたよ。

デセールは デザートのフランス語読みです。
ザは濁らず、Tは 発音しないので デセールとなります。

ケーキは モン・フジという 富士山をモチーフにしたもので ヨーグルト味をベースとし 中心部にチェリー味のジュレが入っています。

なにはともあれ 非常に満足度の高いランチでした。
  • URL
  • 2011/05/14 00:20

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。