スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリオラ ZURRIOLA ( 麻布十番 ) に行ってきました。

4月にオープンしたばかりのスペイン料理レストラン スリオラに行ってきました。
こちらのシェフは、サンパウや龍吟等を経て こちらの店をオープンされています。
来年のミシュラン候補 最右翼の店の一つになるのかな?
→→→→→http://zurriola.jp/

お料理は ランチ4800円、ディナー11000円の どちらもシェフ おすすめのワンコースのみ。
昼の訪問だったので 4800円のコースを頂きました。
(よろしければと 勧められた カルドソ+800円も頂きました。)

では アミューズから……

パンコトマテにシンコホタス
カリッと揚げられたパイ生地の外皮を噛んだ瞬間 中に入ったトマトのソースが口の中に広がります。 面白いだけでなく 味も良いアミューズ。
DSC01507.jpg

パンは、結構モッチリした触感。 スペイン産のオリーブオイルとイタリア産の塩が添えられます。
DSC01508.jpg

ズッキーニのソース入りラビオリ
サラダ感覚で頂く一皿。 ラビオリの中のソースを付けながら頂きます。
上に乗せられたハムとの相性もよく非常に美味しかったです。 プツプツしたものはバジルシード。
DSC01510.jpg

イカの炭火焼にキャベツと帆立だたかな?が詰められている品。
炭火焼が効いていて香りも味も良く 詰められたものやソースとの相性も良いと思うのですが やや一体感に欠けるかな?という印象を受けました。
DSC01512.jpg

ナメタカレイの炭火焼
本日、一番 印象的だったのが コチラ。
瑞々しい身に香ばしく焼き上がった皮目に ネットリとした旨みの詰ったヒレ……
物凄く美味しかったです。
DSC01513.jpg

妻は、肉料理を選びました。
イベリコ豚の煮込みなのですが フォアグラ等を混ぜ合わせた かなり凝ったもの。
こちらも美味しい一品だったのですが 夫婦揃って 圧倒的な印象を残した魚に軍配……という評化。
DSC01514.jpg

もし 宜しければ…ということで勧めて頂いた アサリのカルドソ (スペイン風リゾット)
アサリは 炭火焼をしレモン汁を絡め 後から添えられているので 火が浅く入っており 香りも良く とても ふっくらしています。
ただ アサリの生臭みも感じられてしまったので 個人的には もう一寸 火が入っていた方が好ましかったかもしてません?
カルドソそのものは 非常に美味しく家庭でも挑戦してみたい味でした。
DSC01517.jpg

デザートは 下にスペインシャンパン カヴァのゼリーを敷き グラニテを挟むようにフルーツが盛ってあります。
葡萄には シナモン、苺には キャトルエピス、キウイには 黒胡椒がかけられているそうです。
是非、我が家でもやってみよう!
DSC01518.jpg

小菓子と紅茶。
DSC01520.jpg

どのような料理なのだろう?と期待に胸を膨らませて足を運びましたが
期待以上に愉しむことが出来ました。
(基本的には シェフがスシェフを勤められていたサンパウの遺伝子が濃いように思えますね。同じスペイン料理ですし…)
また まだまだ 発展途上中という雰囲気も良い意味でありましたので これから先の発展も非常に楽しみです。
機会を作って 是非とも また訪問させて頂きたいと思います。

ごちそうさまでした。


関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/389-7b726f0a

Comment

桃咲マルク

おはようございます。

こちらですね!
まだ新しいので、期待に胸を膨らませての訪問だったことでしょう。
実家が魚家さんなのでやはりお魚の料理が素晴らし感じでありますね!

普通のシェフの方よりも魚に関して断然詳しいでしょうしね!(笑)
大絶賛されたカレイを見てもすごく伝わりますね♪また炭火焼きが家庭でしたいのですが、なかなか。
ズッキーニのラビオリがまた美味しそうです。バジルにもシードがあるのですね?見かけたことがないので・・。クミンシードしか・・。(;^^)
デザートのフルーツのそれぞれかけられたものが、とても面白く真似できそうですね!
こういうのはなかなか知らない合わせ技なので
とても参考になりました(笑)
  • URL
  • 2011/06/01 09:10

nao

桃咲マルクさん

こちらの店 とても良かったです。
昨年、オープンしミシュランで星を獲得したエミュと比較しても まだ 纏まり感において一歩足らずも ポテンシャルは それ以上?という印象なので
やはり 来年にはミシュラン掲載かな?と想像してしまうくらいの店でした。

カレイの焼き方は スペイン的らしく 実際、フレンチの魚料理とは まったく違ったニュアンスが出ていました。
魚の質は やはり とても良かったです。

バジルシードは ちょっと見た目エグい感じですが 独特のゼラチン感と粒粒感が触感的に面白かったです。
フルーツのアイデアは とても参考になるものでしたね。
  • URL
  • 2011/06/01 15:04

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。