スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・ボエーム プッチーニ作曲 メトロポリタン歌劇場 MET 2011年6月8日(水曜日)

ラ・ボエーム
ジャコモ・プッチーニ
メトロポリタン歌劇場 MET 2011年6月8日(水曜日)

ミミ:バルバラ・フリットリ
ムゼッタ:スザンナ・フィリップス
ロドルフォ:ピョートル・ベチャワ
マルチェッロ: マリウシュ・クヴィエチェン
ショナール: エドワード・パークス
コッリーネ: ジョン・レリエ
ベノワ/アルチンドロ: ポール・プリシュカ
パルピニョール:ダニエル・クラーク・スミス
巡査部長:ジェイソン・ヘンドリックス
税関の役人:リチャード・ピアソン

指揮:ファビオ・ルイジ
演出:フランコ・ゼッフェレッリ
美術:フランコ・ゼッフェレッリ
衣装ピーター・J・ホール
照明:ギル・ウェクスラー
舞台監督:J・ナイテン・スミット

合唱指揮:ドナルド・パルンボ
日本ツアー・音楽コーディネーター:ホワード・ワトキンス
腹式:ギルド・ティ・ヌンツィオ、ロバート・モリソン、デリック・イノウエ、キャロル・アイザック、ジョナサン・ケリー

舞台監督助手:グレゴリー・ケラー
ステージバンド指揮:グレゴリー・バチャルター
プロンプター:キャロル・アイザック

児童合唱:TOKYO FM少年合唱団(合唱指導:太刀川悦代、米屋恵子、金井理恵子)

=============================================================

メトロポリタン東京初日に行ってきました。(この日は 新国立でコジを鑑賞してからの移動)
感想は、ほぼ予想通りで 結構、愉しめました。

まずは ルイジの指揮に関しては 今回も尻上がり。
出だしは ちょっと微妙なもので 二幕も もう少しでしたが 三幕は 最高とは言わないまでも まずまず良かったと思います。
メトロポリタンのオケは やっぱり いまいち。 終始 物足りない鳴りでした。

歌手に関しては やはり フリットリでしょう。
一か所大胆に あやういところもありましたが 後は 終始 素晴らしい歌唱
息を飲むほど 素敵なところも 度々あり 大満足。
前回のトリノより 今回のほうが良かったです。
でも やっぱり エリザベッタで聴きたかったですね……

ベチャワは 序盤 珍しく不安定さを感じましたが トータル的には 流石の歌唱。

クヴィエチェンは 表現的に物足りないところも無くはなったのですが
若さが感じられ オッサンっぽくなってしまうことも少なくないマルチッロ役として 好印象でした。

ショナール役のパークスは 思っていたよりは 無難な仕上がり
楽しみにしていた コッリーネ役のレリエ(実は、今回 レリエを聞きたくて ボエームのチケットを買ったのです……)は 物凄く格好良かったです。
コッリーネとして 格好良すぎ……かもしれませんが 最高でした。

男声四人のアンサンブルは 期待していたより盛り上がりに欠け 不完全燃焼。
歌手達の盛り上がりが欠けていたというよりは 演奏の盛り上がりが足りなかったせい…という感じ。

スザンナ・フィリップスのムゼッタは 結構、頑張っていたとは思うのですが
芝居じみ過ぎた立ち回りと このキャストからすると非力に感じる歌唱で 悪い意味で浮いて見えてしまいました。

……と 若干のムラはありましたけど 全体的に見れば やはり キャストのレベルは非常に高く ひとまず 愉しめるコンサートではありました。


さて
明日は ルチア一回目 ヴィラゾンの日。


舞台とは 関係ありませんが
一幕(実際は 一幕とニ幕)途中の舞台交換中(暗い中) 場所移動する人の多いこと 多いこと……
大劇場公演で 且つ 空席が多い時には よくあるのですが 物凄く非常識で自分本位……恥知らずな行為だと思うんですよね…… というか 万引きや無銭飲食と大差無い……

きっと 『席は 空いているんだから 誰にも迷惑かけていないし 誰のものも盗んでいないんだから 構わないだろ?』という感覚なんだろうけど
それって そもそもの目線が大間違い…… それは ただ盗人猛々しいだけの理論……

『安い金しか払っていない人が 良い席が空いているからと移動してしまっては 実際に高い金を払って良い席に座っている人に対しての 公平性がなくなる。』
だから
『劇場側も 空席移動は禁止しているし、客だって 大枚はたいている人の手前 自分の席で鑑賞を続けるのが当たり前なんですよ。』ってことが解っていない。
(あるいは 解っていても守らない…)

だいたい ちょっとの席移動たって 万単位で金額は違っていて
実際、その僅かな差のために 万単位の差額を支払って席を確保している人が 直ぐ傍にいるのですよ。
場合によっては 直ぐ隣や前や後に……
にも関わらず 平気の平左で 人の目憚らず席移動する人が ぞろぞろって……
(移動が目立たない休憩中なら まだしもですよ…… 指揮者も楽団もピットで静かに待機している状態で 客がガタガタ音立てて露骨に移動……)
そういう感覚の人が沢山いるって……
なんだかね…… 色々な意味で 物凄く 残念な気持ちになります……
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/401-0aa77b6f

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。