スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントニーノ・シラグーザ リサイタル 2010年9月6日 (火曜日) 東京オペラシティコンサートホール

アントニーノ・シラグーザ リサイタル
ピアノ:パオロ・バッラリン

2010年9月6日 (火曜日)
東京オペラシティコンサートホール
19:00開演

前半

ドニゼッティ:《愛の妙薬》~ “人知れぬ涙”
グノー:《ロメオとジュリエット》~ “ああ、太陽よ昇れ”
ロッシーニ:《チェネレントラ》~ “ああ、誓ってまたみつけよう”
ロッシーニ:《ウィリアム・テル》~ “静かな隠れ家”
ヴェルディ:《リゴレット》~ “女心の歌”

後半

トスティ:暁は光から闇をへだて
デ・クルティス:帰れソレントへ
ガスタルドン:禁じられた音楽
トスティ:かわいい口もと
ララ:グラナダ
ダッラ:カルーゾー

アンコール

ロッシーニ:《セビリャの理髪師》~“わたしの名前を知りたければ”
ディカプア:オー・ソレ・ミオ
ヴェルディ:《リゴレット》~ “女心の歌”

======================================================

まず こんな状況にあっても 変わらず日本で歌ってくれるシラグーザに感謝。
とても有り難いことです。

心に染み入る歌が多いながらも どこまでいっても愉しいシラグーザのリサイタルで
喉のほうは、(流石に衰えも含め)本調子とはいかない様子でしたが(今回、状況が状況なので 不調だったとは なんとなく言いたくない…) それでもコンサート自体はとりあえず成功だったように思います。

そういえば YOU TUBEを見ていたら こんなのがありました。
パリ国立の映像ですが この超難曲をここまで ふざけながら歌い切れるって 脱帽です……
…客 (音楽面じゃない部分で)大喜びだもんな……(笑)

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/510-52faf77d

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。