スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニュ ルトゥルヴェ・ヴー à nu, retrouvez-vous ( 広尾 ) に行ってきました。

アニュ ルトゥルヴェ・ヴー à nu, retrouvez-vous ( 広尾 ) に行ってきました。

かなりの人気店でミシュランの一ツ星でもあり興味はあったのですが
賛否両論で… ちょっと気になる否の意見も少なくなかったため 今迄 足を向けずにいました。
今回は、ある食材を使った料理に興味惹かれ足を運んでみた感じです。

注文したコースは 夫婦共にムニュー ドゥ ルクスという 前菜、本日のお魚料理、お肉料理、デザート、食後のお飲み物 全4皿 3500円。
それに1000円で前菜を一つ追加することとしました。

とても素敵な店作りですが オリジナルのテーブルセッティングでもセンスの良さがあります。

DSC03111.jpg

パンとバター
予想に反して パンは凡庸…… バターは撹拌されたもので軽いもの。

DSC03112.jpg

私の前菜一皿目
葱のエスカベージュ ミモザ風 くぬぎ鱒のルイベと共に
こちらの くぬぎ鱒(富士レインボー)が目的だった食材。
この調理では 正直、この鱒の真価を判断出来ないと思うのですが 気になる癖や臭みは一切無く 品位の高さは感じ取ることが出来ました。
かなり酸味の効いた葱とミモザ風の卵を こちらの鱒と合わせることには疑問を感じましたが……

DSC03114.jpg

妻の前菜一皿目
ア・ニュのテリーヌ グレッグレギューム添え
洗練されたものが出てくると思いきや 内臓系の癖も弱くはなく 平らに厚みはあるドーンとしたインパクトのテリーヌ。
量も しっかりとあるので 妻は途中で飽きてしまい 半分くらい頂きました……

DSC03115_20111018005018.jpg

私の前菜二皿目
本日のオードブル
蛤(と言っていたと思います。)に これも酸味の効いた蕪が乗せられており くぬぎ鱒の卵が散らされ 茄子のアイスパウダーと酸味の効いた野菜が添えられている皿。
蛤の質は良かったのですが 蕪の酸味がキツく 素材の良さが引き出されていたかは疑問? 鱒の卵は 鮭とは違い凄いプチプチ感で素晴らしかったのですが やはり酸味が付きまとい しっかり味わうことが出来ませんでした……
前の皿と方向性が近く、量も多かったため飽きてしまいました……
(どちらの皿も半分で十分…… あるいは 前菜盛り合わせのような皿で極少量づつ盛られる品としてくらいが 丁度よい料理だったんじゃないかな?と? まぁ ありえないことですが……)

DSC03117_20111018005017.jpg

妻の前菜二皿目
中伊豆ベーコンのフランと茸のスープ カプチーノ仕立て
フランは ベーコン風味のスクランブルエッグというような感じでした。
割と私は 好みの味だったのですが 特別なものとも感じませんでした。

DSC03119.jpg

夫婦共に 本日のお魚料理
イサキのポワレとマコモ茸のフリット
かなりバリッと焼き上げられたイサキで 身もフワッとしており美味しい焼き具合。
ただ料理としては それだけに終わってしまっている感じで 面白みは感じられませんでした。

DSC03120_20111018005338.jpg

肉料理のために 出されたナイフ 見たことが無いデザインのラギオール。

DSC03122.jpg

私の肉料理
マダムビュルゴーのシャラン鴨もも肉のソテー 白と赤のソース
鴨の焼きあげ具合も かなりバリッとしたもので 美味しかったですが
ただ 鴨を『このような感じで頂きたいか?』というと そういう訳でもないのですよね……
満足度は高かったのですが 同時に疑問も残った品?

DSC03124.jpg

妻の肉料理
丹波黒どりのココット蒸し 季節の野菜と一緒に
こちらも来店前に 店に対して持っていた印象では もっと洗練された料理が中心かと思っていたのですが かなり違う方向性で この料理も同様で平凡なココット蒸しした鳥料理でした。

DSC03126.jpg

デザートは 夫婦共に モンブラン2011
いわゆるモンブランの再構築かと思いますが ここまでいってしまうとモンブランに求めるものより 別要素が大きくなりすぎていて あまりモンブランを食べているという印象を受けません……
モンブランが大好きで注文したこともあり 少々、残念でした……

DSC03130.jpg

最後にハーブティーを頂きました。
デザート前には 既に満腹状態……
店の雰囲気やサービス、食材の質、そして 胃を満たす この量……と考えると コストパフォーマンスの高さは かなりのものだと思いました。

DSC03131.jpg

料理の印象としては とにかく『想像とは違った……』そして 『不思議なバランスの料理』という感想。
今回は プリフィックスで注文しているため 尚更だとは思うのですが 全体の流れにも違和感が大きかったです。
正直、今回の食事だけでは 掴みどころが無く解らなかった……という感じでしたね……
(カンテサンス以来の とっても悩ましい店という印象……)

ただ 客人と足を運ぶような使い方は難しい…… リピートは 当面 考えられなかった……等 ネガティヴな考えもあり どちらかと言えば 私には相性が悪かったかな?と……
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/547-6e706c9b

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。