スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんてん鮨 ( 有楽町 ) に行ってきました。

東京国際フォーラムで2011インターナショナルオーディオショウが行われていまして……
直ぐに食べて往復出来る 近場の店……ということで 丸の内ブリックスクエア地下一階にある まんてん鮨に行ってきました。

本日のランチは 2980円の特選握りと 1000円のバラちらしのみで
我々は 特選握りを頂くことにしました。
(結果、私は 追加2貫で4080円、妻は 追加1貫で3480円の支払い。)

まずは 蜆汁。
本来は 飲む人向けですね?

DSC03353.jpg

1日寝かした鮃
小粒な握り。 まずは普通に美味しい感じ。

DSC03354.jpg

もずくが出されます。

DSC03355.jpg

根つきの鯖
これは 少々 生臭みがあり残念。

DSC03356.jpg

昆布〆金目
こちらも とりあえず 普通。

DSC03357.jpg


柔らかくて美味しく仕上がっていました。

DSC03358.jpg

3日寝かした中トロ
これは旨い。 とろけるような鮪でした。

DSC03359.jpg

ねぎトロ ねぎは玉葱で。
辛くない玉葱との相性良く 面白かったです。

DSC03360.jpg

岩手いくら
上質ないくらです。 こういう食べさせ方だと確かに素材の良さで頂けはしますね。

DSC03362.jpg

車海老
かなり肉厚で海老の旨味が凄い 本日 一番はコレ。
火はジャストで入っています。 人によっては 一寸浅い火入れを好むでしょう?

DSC03363.jpg

妻には 半割で出してくれました。

DSC03364.jpg

雲丹
こちらも良いネタです。 甘みが強くクリーミーな口溶け。

DSC03365.jpg

穴子
フワッとした口当たりで上品な仕上がり。

DSC03366.jpg

蜆の椀
普通の蜆椀。

DSC03367.jpg

干瓢巻き
自分で巻いて下さいとのこと。 海苔は平凡、干瓢は美味しかったです。

DSC03369.jpg

玉子
好みからすると 若干、甘みが強いかな?

DSC03368.jpg

雲丹追加 (500円)

DSC03370.jpg

車海老追加 (600円)

DSC03372.jpg

柿と林檎酢
最後に甘味で〆。

DSC03373.jpg

この価格で この内容というのは 評判になるだけある大胆なコストパフォーマンスだと思います。
演出に関しては 現代的で賛否はあるかと思われますが 我々世代的には受け入れ易いスタイルかな? 僕は 結構、好きでした。
寿司自体は ネタだと海老と雲丹に尽きるかな? 本日のネタに関しては 若干、ムラを感じはしました。
また 米に関しては 欲を言えば もう少し酢が効いていた方が好みで 握りは ばらける感じが欲しい…と言ったところですが
はっきり言って このコストパフォーマンスの前では まったく問題ではない……どころか十分過ぎる内容でしょう。

また近くに用事があった際には 立ち寄りたいと思います。
ご馳走様でした。


関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/567-8d4e2d28

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。