スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マノワ MANOIR (恵比寿、広尾) に行ってきました。

オープン間もなくして 食べログ高得点の話題の店マノワに 年始まで待ち切れず電話をしてみたところ
ギリギリ年内に予約が取れましたので行ってきました。

頂いたコースは……
私が ムニュー ベルデュール(アミューズ+前菜+前菜+魚料理+肉料理+デセール+紅茶、小菓子)6000円
妻が ムニュー ルミエール(アミューズ+前菜+魚料理+肉料理+デセール+紅茶、小菓子)3500円
●私、○妻、◎共通のメニュー

DSC04073.jpg

◎3種のマノワのアミューズ
DSC04076.jpg

どれも良いアミューズでしたが 特にカリフラワーのムースを泡立てたものにキャビアを添えたものが大ヒット!
秀逸なミューズだったと思います。
DSC04077.jpg

しんたま の燻製。
DSC04078.jpg

鱒でなんとか……詳細失念……。
DSC04079.jpg

◎パン
特にバゲットが美味しかったです。
DSC04080.jpg

添えられた丸いバターがお洒落。
DSC04075.jpg

●オマール海老の4種の調理法
左のクロケット状のものはカダイフ包み(小麦粉で出来た細い麺状のカダイフを砕いて塗し揚げています。)は カダイフらしい触感は あまり感じられず…… ソースもカダイフの軽さを活かすものでは無かったように思います。
ポワレとボイルは 平凡。
パート包みは 水分が多いものを包んでいるので 薄いパート(極薄パイ生地)では 素材のウリであろうミルフィーユの様な触感が損なわれていました。
DSC04082.jpg

○くぬぎマスとホタテ貝のミルフィーユ仕立て サラダ添え
上質な脂の乗った鱒の旨味が よく出ていて美味しかったです。
反面 帆立の旨味は薄く 陰に隠れてしまっており バランス的には どうだろうか?
DSC04084.jpg

●冷たいフォアグラのポワレ キャラメルパニュルスのソース ライムのグラニテ
フォアグラの冷製コンフィの表面を焼きあげたものですが これだけは ちょっと問題あり……下処理不足だと思います……
ライムのグラニテが美味しかったです。
DSC04086.jpg

◎本日のお魚料理(イトヨリのポワレ)
調理は正統派な感じですが 皮目のカリッと感は無く グニャとしており 身は(好みからすると)極一寸火が入り過ぎの感。
パルミジャーノの泡のソースは インパクトになっているとは思われますが なかなか個性を出し辛い難しいイトヨリという食材相手だと もう少し工夫が欲しかったようにも思われます?
DSC04091.jpg

●本日のジビエ料理(蝦夷鹿のロティ)
焼いた後 中心の柔らかい部分だけくり抜いたもの。
DSC04092.jpg

癖がなく食べ易いものでしたが 鹿に求める力強さの欠けるもので ジビエ料理としては やや疑問符?
DSC04095.jpg

○宮崎県 日南鶏もも肉のバロティーヌ ジュ ド プーレ
鶏の品の良さが活きた一品!
表面のコンガリ具合。 火入れ加減 完璧な仕上がりだったように思います。
ソースも美味しかったです…… 妻のほうの料理でしたが……
DSC04094.jpg

●苺のショートケーキ マノワ風
なんとなく オルタシアのショートケーキ再構築を思い出させる品。
ピスタチオの味が よく出ていて美味しいショートケーキでした。
DSC04104.jpg

○栗のモンブラン 赤ワインのソルベ添え
モンブランとメレンゲのコントラストは 大好きなので これは文句なし!
そして 隣に添えられたソルベ がモンブラン以上に美味しかったです。 
DSC04105.jpg

◎食後のお飲物と小菓子
レイノーのルナシリーズで紅茶を飲んだのは はじめて。 大ぶりですが 重さを そんなに感じさせない良いカップでした……
DSC04106.jpg

……といった具合で……
一皿一皿の完成度にムラがあること……
コースから ビジネス的狙いや(それに則った上での)演出的狙いは見えてくるも 純粋に料理から打ち出されるコンセプトは見えてこないこと……(この点は ア・ニュに通ずる印象…)
等から 料理に関しては 未だ 完成を見ず……という印象を受けました。

とはいえ

あらゆる面でに於いて隅々まで行き届いた素晴らしいサービス
作り込まれた手抜き感の無い店のコーディネート
若々しくエネルギッシュな雰囲気……等を見る限り
料理の方の完成度も時間の問題で上がってくるのではないか?と期待させるものが こちらの店にはありました。

今後に期待したいです。

ご馳走様でした。


とりあえず 豪華ランチは 年内 これで〆となりそうです。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/636-e16d446f

Comment

桃咲マルク

オープン間もないお店は期待と不安が7:3くらいでしょうか?w

でも食べログの方で点数が高いだけあって見た目もとても豪華ですね!
私はあまりわかりませんが、初めのお皿が綺麗・・・

あの・・しんたまのて新たまねぎ?かと思いましたが時季が違いますね?
調べたらお肉のことですね?違います?

バケットバリバリ感伝わります!!バターも可愛い丸ですね♪
オマール海老は4種類も調理方を変えて出されたのですね?同じ素材で面白い演出ですね!

あ・・・ファグラですね!下処理はきちんとしないと、いけませんね?w

モンブランも流石に美味しそう♪それ以上に隣のソルベが美味しかったんですか?
紅茶の器も本当にいつもよりも大きめですね。

年内はおしまいですが、また新年の方ががはじまりますね!w
  • URL
  • 2011/12/28 02:11

ナオ

桃咲マルクさん

基本的に新店に対する期待と不安は 事前情報次第ではないでしょうか?
こちらは ブルギニオン、ルージュ・ド・ラシエット、ア・ニュと そうそうたる店の支配人をされていた方がオーナーをされ
シェフは 元ラール・エラ・マニエールのスーシェフで 今迄 渡り歩いた店の★は10以上
場所も広尾で 夜はコスパを売りにしながらも10000円までのコースありとなると
期待は 相応にあってしかるべきではあると思います。

しんたまは 牛肉の部位ですね。

演出は まぁ ビジネス的に売れる演出として良かったと思うのですが 料理側からのアイデアとしては 上辺だけに終わってしまっている感じでした。

フォアグラは 下処理が大変だからこそ 家では扱いの難しい素材な訳で
そこが手抜きであったら 外食で頂く理由はありません。

下処理不足のフォアグラは 確実にエグみがあるので基本的に論外です。


ケーキは、まずまずの出来でした。

新年は まだ未定なんですけど そろそろ予定を組始めたいと思います。
  • URL
  • 2011/12/28 10:56

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。