スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゴ (半蔵門、麹町) に行ってきました。

見た目に美しい料理と素敵な空間の写真を見ていて 以前より行きたかった こちらアルゴへ……
妻と友人の三人でランチを頂いて来ました。

コースは 3600円、5500円、8000円の3種類。(いずれも税サ込)
3600円のコースは アミューズ+前菜+メイン+デセール+飲み物
5500円のコースは メニュー違いのプリフィックスな上に 付き出しの小菓子、魚のメインが加わります。
8000円のコースは シェフのメニューですが 3600円、5500円のコースの中からオススメとされている料理が選ばれ構成されていました。
(因みに 5500円のコースで 追加料金が一番高いメニューだけを選んでいくと8000円を越えます。)

●私は 5500円のコースで追加料金1000円=6500円
○妻は 3600円のコースで追加料金500円=4100円
△友人は 3600円のコースで追加料金無し
妻と友人は メインのみ一緒で 皆別々のものを注文し つまみ合いました……
行儀悪いですが……
◎共通のメニュー

●小菓子4品
香辛料の風味が強い小菓子…… なんとなくガ二ェールっぽい?
でも それぞれに変化が少なく あまり効果的とは思えず?

DSC05266.jpg

◎アミューズ
雲丹の入ったジュレ、薔薇風味の投入ムース、セップ茸のスープ、サーモンのリエットパイ、鯖燻製のホウレン草包み、白味噌のエスプーマ
鯖燻製のホウレン草包みが一番美味しかったです。 後は 割と平凡だったように思います。

DSC05269.jpg

◎パン
手前のほうが 特に美味しかったです。

DSC05270.jpg

●ニューカレドニア産天使の海老、帆立貝、本マグロのミルフィーユ仕立て 野菜のガレット添え シークワーサームースと共に
美味しいながらも あまり印象には残らない~ミルフィーユ仕立てと野菜のガレット……

DSC05272.jpg

○タラバガニとサルシフィーのコンポジション 卵のパウダーと共に(+500 )
こちらも 美味しいながら 輪郭が甘く あまり焦点の定まっていないように感じられる料理でしたが 卵のパウダーは好かったです。

DSC05275.jpg

△七面鳥とフォアグラのバロティーヌ ピスタチオ風味 有機野菜のサラダ添え マスタードグリーンソース
思っていたよりは 内臓臭さの強いバロティーヌですが それでも やはり大人しい印象の料理。

DSC05276.jpg

●黒ムツのポワレとサフラン風味の魚介類のリゾット ココナッツ風味のブラッククミンソース (+ 1,000 )
黒ムツのポワレもサフラン風味のリゾットも やはり美味しいのですが平凡。 

DSC05280.jpg

●仔牛のロースト ロスティー風 季節の野菜添え ニンニクとジャガイモのムースと共に
じゃが芋の千切りで巻かれた仔牛のロースト…… この日 頂いた中では 一番、美味しかったのが こちら。

DSC05282.jpg

○△人参で包んだ蝦夷鹿のポーピエット エリンギのマントノン風クロケット添え 竹炭とトウモロコシのソース
上品に纏められた品で 蝦夷鹿料理としては 大人しい印象。
竹炭というアイデアは良いと思うのですが ここまでに複数点繰り返されると 多少、飽きますね……

DSC05284.jpg
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/668-f6ac13cc

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。