スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ばし 鮎正 (新橋) に行ってきました。

旬の真っ盛りに鮎を満喫したい……という友人の希望で
三ヶ月前に予約を入れ 行って参りました。 


頂いたのは 一番種類の多いコース 15750円(税込み)

メニューは 以下のとおりです。

鮎骨煎餅(別途)

DSC07927.jpg

前菜

DSC07929.jpg

焼き鮎と冬瓜の椀 清水仕立て

DSC07931.jpg

鮎背越し

DSC07936.jpg

鮎塩焼

DSC07940.jpg

うるか茄子

DSC07942.jpg

苦うるか

DSC07944.jpg

鮎煮浸し風

DSC07947.jpg

鮎うるか味噌包み揚げ

DSC07949.jpg

鮎酢のもの

DSC07951.jpg

鮎ごはん
香の物

DSC07956.jpg

水菓子 青梅のカキ氷

DSC07957.jpg

青梅

DSC07958.jpg

お茶

DSC07954.jpg


食べてみた感想ですが……

様々なバリエーションで鮎を食べられる……という意味では
非常に面白い趣向であったと思います。

ただ

その半面 鮎という素材の良さを引き出している料理なのか
あえて鮎という素材で食べたい料理か?と考えた際
疑問が残る品もあったり(背越し、酢のもの)
味の振り幅が広い訳ではないので
多少、単調に感じられてしまうところもあったり

(更に言えば 味の強弱には 一貫性も流れも無く…… 一皿一皿に繋がりを感じることも出来ず……
コースというより 多種多様な一品料理を次々出されていくような印象を受けた。)

要であると思われる
塩焼に あまり風味を感じられなかったり
鮎ごはんの米の炊き加減が 水っぽく好ましくなかったり……

うるか茄子、味噌包み揚げ等
単品で見れば 大変 気にいった皿もあるにはあったのですが
全体的にみると不完全燃焼で終わってしまった感が強いかな?
と思います……

(妻は まずまずの反応。 友人は かなり喜んでいて 毎年 この時期に伺いたいと言っていました。)


また
店内は場末感があり
接客も ごく普通の和食屋さんな感じと
ミシュラン星付きということで想像していたイメージとは
ちょっと違う店でした。


(洗練さを求める向きには向かいように思いますが
私的には 気負わず気軽に入れる店で好印象だったです。)


関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/769-44ef7d0f

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

nao

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。