スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リストランテ・ホンダ (外苑前) に行ってきました。

久々の大型引っ越し公演(ウィーンフィルのオペラ公演)後のディナーとして
折角だから ちょっと豪華な店を選ぼう……と思い……
ミシュラン5年間一ツ星獲得イタリアン(2012年現在) リストランテ・ホンダに行ってきました。


店の場所ですが 外苑前 ベルコモンズからキラー通りを上って直ぐ
店のイメージは 想像していたより ずっと 小じんまりしており 店内装飾等もシンプル。
カジュアルではありませんが それほど 畏まった雰囲気ではありませんでした。

夜のメニューは
8400円のプリフィックスコース
10500円の おまかせコース
12600円(だったかな?)の スペシャルコースの3本

大概 はじめての店では
店のスタイルが最も把握し易いであろう一番上のコースを選ぶのですが
アラカルトに魅力的なものが幾つかあったので
今回は プリフィックスのコースで注文することに……。


頂いたのは 以下のとおり
●私のメニュー、○妻のメニュー、◎共通のメニュー

◎グリッシーニ

DSC09125.jpg

3種類ずつ用意 カリッとした堅いタイプのもの。

◎全粒粉入りの丸パン

DSC09126.jpg

流石 パンやデザートの店も出されているだけあって かなり美味しいです。

◎ストゥッツキーノ
みやこ南瓜のクレーム? 車海老のカダイフ揚げ

DSC09127.jpg

南瓜の味がシッカリと出されたシンプルなクレーム。
カダイフ揚げも凝った品ではありませんが カリッとカダイフを巻いた揚げたての車海老が美味しくない訳はない。
ただ… 確かに美味しいのだけど もう一寸 手の込んだ品を求めたくなる思いも……

DSC09128.jpg

●トリッパと豚足、骨髄のトマト煮のオーブン焼き

DSC09130.jpg

店の印象を覆す 大きくそびえ立つ骨二本……
中に骨髄、豚足の混ざったトリッパ煮込みが入っています。
イタリアらしいメニューを試したいという思いで注文し 実際、最もイタリアンらしいオーソドクスな上で非常に良い お味でした。
この日 一番の皿。

DSC09132.jpg

○牡蠣とフォアグラのフラン

DSC09131.jpg

臭みも無くクリーミーな牡蠣とフォアグラのコンビネーション。
フランは もう少し質感に富んだものを期待していたのですが まったりとしたもの。
素材の味が良かっただけに質感の仕上がりが惜しまれる?

●天然酵母 長期熟成バケット、ローズマリーのフォカッチャ、ドライトマトのフォカッチャ
バケットの出来が非常に良かったと思います。

DSC09133.jpg

○松の身とレーズンのフォカッチャ、ドライトマトのフォカッチャ
フォカッチャは 三種類ありましたが ベースが一緒なので それほど違いが出ておらず 三種類頂く必要はない感じか?
むしろ 丸パン、バケット、(トリッパ煮込みについていた)カンパーニュの方が ずっと上質なように思えました。

DSC09134.jpg

●ホロホロ鳥のラグーソースと黒キャベツ等の煮込みのガルガネッリ

DSC09137.jpg

しっかり煮込まれたラグーと多種の野菜が使われたソースに
比較的 厚めの生地を 小さく しっかり巻いて作られた
張りがあり ツルッとした表面とシッカリ噛み応えのある触感を愉しめるガルガネッリ。
見た目にも美しい仕上がり。

DSC09140.jpg

○モンサンミッシェル産 ムール貝とジロール茸のトマトを練り込んだタリオリーニ

DSC09139.jpg

ムール貝の味わいが 強く前面に出つつ 全体的には野菜の優しい味わいで包まれたタリオリーニ。
麺自体は 分離感が良く 適度に柔らかさのある触感でした。

●蝦夷鹿のロースト グロゼイユのソース

DSC09142.jpg

今年初の鹿。
店でも まだ 出し始めたばかりとのことです。
癖がなく 非常に食べ易い鹿でした。
ジビエメニューとして頂くと 少々 物足りないか?
グロゼイユの酸味あるソースとの相性は抜群。 
また 柔らかい玉葱は良かったのですが ちょっと芯と渋みの残っていた栗は残念……

料理とは関係ありませんが Jaune de Chromeの器が豪華……
著書にて BERNARDAUDはじめ 様々なブランド食器が多用されていますが
店でも実際に同様の食器を愉しむことが出来ます。
食器好きにとっては とても嬉しいこと!

○大分産 穴子とフォアグラ、茄子のミルフィーユ仕立て バルサミコソース

DSC09143.jpg

白焼きにした後 コンガリフライパンで焼いているという説明の穴子。
上にフォアグラのソテーが乗せられ 旨く脂質が加えられている。
茄子の柔らかさ 旨みの出方も秀逸。
非常に美味しい一品でし 妻の皿では これが断トツベストだったと思います。

DSC09144.jpg

こちらも JL.CoquetとJaune de ChromeのWネーム。
実は 拙宅でも使っている お気に入りの器。

●洋梨と巨峰のラビオリ ジェラート添え

DSC09145.jpg

ラビオリって パスタっぽい品なのかな?と思ったら 全然 違いました(笑)
お味のほうは普通。

○モンブラン HONDA風

DSC09146.jpg

炭酸ガスでふわりと仕上げられたモンブラン。
酸がピリピリと舌にキます!
はじめての経験で面白かった………でも 二度目はいらないか?(笑)といった感じ。

◎ハーブティー
ヴェルべーヌ

DSC09147.jpg

◎小菓子
チョコレートスフレ、柑橘のゼリー

DSC09148.jpg

コースは 酒無し 皿数の少ないプリフィックスコースで 提供自体も早く 2時間弱で終了。
ゆっくりと過ごしたい方は お酒を飲みながらか?
あるいは 少ポーションで皿数の多いコースを注文される方が良いでしょう。

また 今回、我々は食べたいメニューが全て プラス料金無しだったので 多少 お得感もありましたが
プラス料金メニューも多いので 高級素材を使ったメニューを希望されるのであれば 結局、金額的な差は殆ど無く
10500円 あるいは その上のコースを注文した方が お得感を感られるのではないか?と思われます。

(…とは いえ 基本 こちらの店は CPを魅力としている店では無いと思いますので
どのコースを頂くにしても CP的な お得感を感じることは少ないでしょう?)


全体を通して……


まず料理は イタリアンという様式の枠には捉われず 洗練されており
味自体は 非常に安定感があり 品もよろしい感じ
接待、デート、様々な場面の利用で大きく外すことも無いでしょう。

ただ ストイックな料理ではありませんから
食べ手の食に対する姿勢次第で 好みが 思いのほか大きく分かれるかもしれません?


サービスに関しても そつなく丁寧。
距離感も良く ストレス無く食事をすることが出来ます。
含めて 流石 ミシュラン星付店といったところですかね?
(但し 特別な場面で利用するには ホールの空間や雰囲気は もう一歩かと…)


総じて
解釈次第で 特別良くも 無難程度の評価にもなる優等生といった印象の店でした。


関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://frontrowseat.blog130.fc2.com/tb.php/859-4eb626e2

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

Author:nao
30代半ば…… いや そろそろ後半と言ったほうがよいか?
既婚で一人娘の父です。
洋服のデザインなんぞをしたりする会社をやっていたりなんかします。
長いコト カメラで自分の写真を撮っていないので スカイプ中にwebカメラで撮ったものを……

カテゴリー

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。